Ludique blog

\自宅がレストランに大変身?!/

出張料理の詳細はこちら
新年会・歓送迎会は本格フレンチ!

シェフが教える最高に美味しい!じゃがいもグラタン『ドフィノワ』の作り方


スポンサードリンク

じゃがいもは主食です!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170104215035j:plain 

どうもガッキーです

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160906165631p:plain

2017年一発目のレシピです!

みなさんじゃがいも好きですか?

ポテトとか、ジャガバターとか人気のあるメニューも多いですよね。

そんなじゃがいもを使ったフレンチを今回紹介します!

 

その名も『グラタンドフィノワ

 

どふぃのわ??

最近では人気アイドルの嵐・松本潤さん主演の日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」で登場する深山レシピがきっかけで、ドフィノワが注目されるようになりました。

 

ドフィノワとは

簡単に言うと、じゃがいものグラタンなんです(笑)

でもドフィノワは、フランス語でじゃがいもと言う意味ではありません。

ドフィノワはフランスの地名なんですね。

フランス南東部、美食の都リヨン近くのドフィネ地方の郷土料理になります。

ドフィネ地方なので、ドフィノワになります。

 ↓ドフィネ地方はこちらです。

 ちなみにじゃがいもはポムデテールと言います。

フランスには、ドフィノワのように地方の郷土料理がたくさんあります。

そしてジャガイモを使ったレシピは、日本のお米くらい多種多様のレシピが存在します。

こちらの揚げないコロッケ【アッシェパルマンティエ】もそのひとつですね。

 

このドフィノワは、クリーム系の仕上がりなんですけど、面倒なベシャメルソースを作らなくていいんです!

生クリームと牛乳を焼く前に流すだけ!

 

え??

でもベシャメルソースを使わないとシャビシャビの濃度のないグラタンになっちゃうんじゃないの??

って思われる方もいると思います!

安心してください!

この『グラタンドフィノワ

は牛乳と生クリームで十分濃度がついてとっても美味しいグラタンになります!

ちょっとだけポイントがあるんですが簡単です!

そこもご説明しながら、早速作っていきましょう!

 

 

最高に美味しい!じゃがいもグラタン『ドフィノワ』の作り方

 (牛乳と生クリームの分量はグラタン皿の大きさによって変わってきます。牛乳と生クリームの割合は2対1で臨機応変に量を調整してください。)

 

材料

材料(2人前)

じゃがいも  3〜4個

シュレッドチーズ  50グラム

生クリーム 100cc

牛乳 200cc

バター  少々

ニンニク  1かけら

塩  少々

コショウ 少々

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170104222210j:plain

作り方

じゃがいもはメークインがオススメです。

しかし、今回は男爵しかなかったので、男爵で作りました。

でもメークインがあればメークインで作りましょう!

 

①ニンニクをする

ニンニクはすりおろしておきます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170104222325j:plain

すりおろしたらグラタン皿にバターを薄く塗り、ニンニクおろしも塗ります。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170104222344j:plain

 

②じゃがいもをカットし、グラタン皿に並べる

じゃがいもは洗って、皮をむき1ミリのスライスにします。

包丁じゃなくてもスライサーで大丈夫です。

大丈夫ですが、スライサーがあると早くて便利です。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170104222354j:plain

スライスしたらじゃがいもは、絶対水につけないでください!

スライスしながら

↓このように少し重ねながら並べていきます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170104222410j:plain

1段並べられたら、塩、コショウを少々し、チーズをのせます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170104222430j:plain

また更にじゃがいもをスライスしながら1段目と同じように並べて、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170104222442j:plain

塩、コショウをしてチーズをのせて、もう1段作ります。

 

③グラタンを焼く

合計3段じゃがいもを重ね、3段目に塩、コショウ、チーズをのせたら、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170104222455j:plain

牛乳、生クリームを混ぜたものを流しいれます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170104222509j:plain

じゃがいもが少し浸かるくらいまでいれます。 

あとは180℃のオーブンで20〜30分ほど焼いて完成です!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170104215035j:plain

アツアツです!

出来上がった直後に召し上がられる際は、火傷にお気をつけくださいね。

熱い状態も美味しいですが、冷ましてカットしても美味しく食べれますよ!

 

最高に美味しいじゃがいもグラタン『ドフィノワ』のポイント 

じゃがいもは水につけない!

です。

そう、ベシャメルソースを使わなくても濃度がつくポイントがココなんです!

じゃがいもにはデンプンが多く含まれています。

このデンプンがオーブンで火が入ることで生クリームと牛乳に濃度をつけてくれます。

ここで水にじゃがいもをつけてしまったら、デンプンが流れてしまいます。

そして焼いた時、濃度が薄いしゃびしゃびのグラタンになってしまいます!

普段は色が変わってしまうので水につけますが、じゃがいものグラタンの場合は切ったら水につけません!

そのままグラタン皿に並べましょう!

 

食べてみましょう

それでは恒例の実食!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228093759j:plain
 

じゃがいもがホクホクしてて、ニンニクのほのかな香りがして、めちゃうまい!

でした(笑)

 

いかがでしたか?

ちょっと面倒くさいベシャメルソースを使わなくても、じゃがいものデンプンを使い、とっても美味しいグラタンを簡単に作ることができます!

フレンチだとよく付け合わせになって出てきますが、グラタンとしてしっかり1品にもなり、小さいお子様もきっと大喜びするグラタンになっております! 

是非じゃがいものグラタン『ドフィノワ』作ってみてください!

 

ただ今読者募集中です。

↓↓↓↓

↑↑↑↑

よければポチっとお願いします。

 

人気記事はこちら 

www.gakkyludique.com

www.gakkyludique.com 

👍おすすめ記事はこちら
🍴人気のレシピはこちら

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

おなかすいた〜


当サイト(シェフガッキーの料理ブログ)はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
このプログラムにより第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、サイトの訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したりこれを認識したりする場合があります。