Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

フレンチシェフガッキーによる料理ブログ!フランス語のLudique(遊び心)を食卓に!楽しく料理をお伝えする【ダジャレシピ】と時々【ガッキーの雑記】ブログです。

自宅でガッキーの料理が楽しめる!

出張料理の詳細はこちら
↑↑6月中のご予約で特典あり↑↑

めかじきムニエルを更に美味しくするプロの【レモンバターソース】の作り方


スポンサードリンク

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170603142645j:plain

ムニエルを最高に美味しく食べるソースを紹介します!

 

どうもガッキーです

Gakky Ludique(@naoya83)

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160906165631p:plain

魚の調理法と言えば、ムニエルがメジャーですよね?

ムニエルで魚を焼くとふっくら焼くことができるんですよ。

でもでも、ムニエルって本来どんな調理法か知ってます??

 

  

ムニエルとは

フランス語でmeuniere【ムニエール】粉屋、粉挽という意味があります。

魚に塩、コショウで下味を付けて小麦粉をつけてバターで焼いたものですね。

 

なんですが、魚以外も小麦粉をつけてバターで焼いたらムニエルになります。

一般的に魚料理に使われるイメージが多いので、ムニエル=魚のイメージが定着したのではないかなーー??

 

そしてムニエルに合うのがレモンです!

そのレモンを使って簡単にできるソース『レモンバターソース』もムニエルといっしょに今回紹介しますね!

 それでは、早速作っていきましょう。

 

 

『めかじきムニエル』とレモンバターソースの作り方。

 

材料(3人前)

めかじき  3枚

玉ねぎ  1玉

ニンジン  1本

小麦粉  少々

塩、コショウ 少々

サラダ油  少々

バター  10グラム

■ソース

バター  10グラム

サラダ油  バターと同量

レモン  半分

トマト  1/4個

塩、コショウ 少々

パセリのみじん切り(あれば)  少々

 f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170603142648j:plain

 

作り方

めかじきの他にサーモンや、ニジマス、舌平目などでもお作りいただけます。

 

①付け合わせを作る。

今回は冷蔵庫にあったものでチャチャっと付け合わせを作ります。

人参は2ミリの厚さの半月切りに、玉ねぎは半分にし、2ミリの厚さにスライスします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170603142651j:plain

 

②付け合わせを仕上げる

フライパンにサラダ油を入れて強火で熱します。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170603142657j:plain

人参、玉ねぎを入れて塩、コショウをして人参に火が入ってきたら、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170603142659j:plain

粒マスタードを入れて和えたら付け合わせ完成です。

 

③めかじきに下味をつける

めかじきに塩、コショウをして、ペーパーでしっかり水分をとります。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170603142703j:plain

小麦粉を付けて、余分な粉を落とします。

粉は焼く直前につけましょう!←時間がたつと小麦粉が水分を吸ってべちゃべちゃになります。

べちゃべちゃになると小麦粉が剥がれやすくなってしまいます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170603142721j:plain

 

④ムニエルにする

フライパンを中火で熱して、サラダ油とバターを半々ほど入れます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170603142709j:plain

フライパンを少し回しながら、バターを均一に溶かし、泡状にします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170603142716j:plain

この泡にめがけてメカジキを入れます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170603142718j:plain

後はバターが焦げないように気をつけながら両面キレイな焼き色をつけます。

5分ほどしっかり焼き、メカジキに火を入れていきます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170603144923j:plain

フランスではこの4倍くらいバター入れて、メカジキがバターの泡で隠れるくらいで焼いてました(笑)

 

⑤ソースを作る 

目には目を歯には歯を、バターにはバターを。

ということでバターで焼いたのでバターソースにしようと思います。

フライパンはそのままで、中火にしバターを入れます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170603142732j:plain

バターが溶けて泡状になり、ややキツネ色になってきます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170603142743j:plain

少し泡が消えてきたら、レモン半分をぎゅーーっと絞って、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170603142752j:plain

あればトマトの角切り、パセリのみじん切り、やや濃いめの塩(2つまみほど)、コショウを入れてソースの完成です。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170603142803j:plain

お皿に付け合わせ、メカジキをのせソースをかけて完成です!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170603142809j:plain

 

 

 

『めかじきのムニエル』と『レモンバターソース』のポイント 

 どちらもバターを焦がしすぎない

です。

バターは焦がしすぎると苦く、体にも悪いので強火で焼きすぎないように注意しましょう!

ムニエルはバターの泡の中で焼くイメージですね。

魚がジャグジーに入っている感じで焼きましょう。

ソースは、レモンを入れるとバターの温度を止めることができるので、焦らずじっくりみてレモンを入れましょう!

 

食べてみましょう

それでは恒例の実食!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228093759j:plain
 

めかじきはふっくら!レモンバターソースであっさりしてうまい!

でした(笑)

 

いかがでしたか?

ムニエルがどんな調理法かわかっていただけたと思います。

ソースも時間がかからず簡単に作れてオススメです。

ぜひ

バタ(また)機会があれば作ってみてください。』

 

最後に一言。

『バター安くなって欲しい』

 

ただ今読者募集中です。

↓↓↓↓

↑↑↑↑

よければポチっとお願いします。

 

👍オススメ魚レシピはこちら

www.gakkyludique.com

 

 

☆お知らせコーナー
👍おすすめ厳選記事はこちら
🍴人気のレシピはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました!

おなかすいた〜


当サイト(シェフガッキーの料理ブログ)はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 このプログラムにより第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、サイトの訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したりこれを認識したりする場合があります。
■プライバシーポリシーはこちら■