Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

自宅がレストランに大変身?!

本格フレンチをもっと身近に!


スポンサードリンク
種類3

名古屋『レゴランドジャパン』徹底攻略。写真114枚で感想とレビューします。


スポンサードリンク

「大人が語る、レゴランドの魅力」

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170318170828j:plain

名古屋の新名所!レゴランドに行ってきました。

名古屋の観光の起爆剤になるのか!

今回はレゴランドの魅力を写真なんと114枚使ってがっつり紹介したいと思います。

 

 

レゴランドとは?

名古屋の金城ふ頭にできた、広さナゴヤドーム二個分、レゴブロックをテーマにしたテーマパークです。

以下ホームページより

LEGOLAND®Japanは、2歳から12歳のお子様とそのご家族が1日を思いきり楽しめるテーマパークです。家族みんなで乗り物に乗ったり、レゴ®モデルに触れたり作ったりと、レゴブロックの世界観をテーマにしたインタラクティブな冒険型アトラクションがいっぱいです。  

LEGOLAND® Japan についてホームページより引用

 

そしてこちらもホームページからの引用ですが、このような特徴があります。

  • 40を超える乗り物、ショー、アトラクション
  • 1日を通して家族みんなであそべるテーマパーク
  • 1年中楽しめる、屋外型アトラクション
  • テーマの異なる7つのエリア
  • パーク内で1,700万個のレゴブロックと10,000のレゴモデルを使用

1700万個のレゴブロック!?とてつもない数!

レゴブロックやったことある人なら絶対ワクワクするはず! 

 

対象年齢

2歳〜12歳のお子様が中心になっています。

でも昔、レゴブロックにはまった大人も楽めるのではと思います。 

僕も昔、お城をレゴブロックで作るのがとても楽しかったのがあり、レゴランドも存分に楽しめました!

 

 

アクセス方法

アクセス方法はこちらの方法があります。

 

電車でのアクセス

名古屋駅よりあおなみ線で金城ふ頭駅に行きます。

名古屋駅のあおなみ線は結構端っこにあるんですよね。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330005250j:plain

新幹線口から近い、銀時計側にあるのでお間違いなく。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330005215j:plain

始発が名古屋駅で、終点が金城ふ頭になります。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330005229j:plain 

所要時間ノンストップで17分

    通常で  24分

電車をご利用の方 | LEGOLAND® Japan

 

お車でのアクセス

車でのアクセスは名港中央ICの料金所を出たら左側道をUターンし、道なりに進みます。

レゴランドには専用の駐車場はなく、こちらの金城ふ頭駐車場をご利用ください。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330010045j:plain

詳しくはこちらをご覧ください。

車をご利用の方 | LEGOLAND® Japan

 

またバスでのお越しの方はこちらをご覧ください。

LEGOLAND® Japan について

 

 

 

いざレゴランドジャパンへ

僕は電車で行ったので、駅からの写真になります。

金城ふ頭駅の改札を出て、すぐ右に進みます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330103559j:plain

進路に従って進むと…見えてきました!

『レゴランド』…じゃなかった、ファニチャードーム(笑)

そうなんです。

レゴランド付近は、いろいろなショピング施設も併設しています。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330103617j:plain

さらに進路に従って進むと、ようやく見えてきました!

金城ふ頭の駅から3分ほど歩きます。

じゃじゃーーん!

『レゴランド』到着です!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330023234j:plain

ワクワクしてきますね!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330013302j:plain

入場したらすぐにレゴブロックでできた恐竜が迎えてくれます。

迫力があるし、色合いがかっこよくて入口からワクワクさせてくれます!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330013317j:plain

レゴランドではこうしたレゴのキャラクターがいっぱいあり、飽きないどころか、それぞれにこだわりを感じられる展示や造りになっています。

 

レゴランドの細かいこだわり

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330132423j:plain

レゴブロックのテーマパークということで、至るところにレゴブロックの作品があります。

そして思っている以上にでかい。

お子さんから見たら、さらにでかく感じてしまうかも!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329225003j:plain

大人でも大きくてびっくりする大きさ。

楽器もすべてレゴブロックでできています。

さすがに音はなりませんが、BGMが流れながら噴水の水が上がります。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329225027j:plain

こちらは大きめのレゴブロック。

結構いろいろなところに置いてあるので、好きに組み上げて写真撮影に使えそう!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329225103j:plain

サーカスのような像。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329225126j:plain

ものすごい量のレゴブロック。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330101708j:plain

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330015109j:plain

ラクダ。

この立体感をブロックで出すなんてすごいな。

ぜひ間近でご覧になってください!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330101911j:plain

トリケラトプス。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330102307j:plain

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329225154j:plain

 いたるところにレゴブロックで作られた作品があります。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170325141008j:plain

こちらはカラフルなパンダ!可愛らしい!

パンダの周りは混み合ってくると写真を撮る方が多くいらっしゃるので、お写真撮りたい方はタイミングを見計らって、思い出の1枚を収めてくださいね。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170325140921j:plain

こちらのシマウマも派手すぎる縞模様。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170325140858j:plain

レゴの美女に囲まれ、両手に花状態(笑)

なんて、男性の夢(?)を叶えてくれるようなゾーンも。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330014952j:plain

レゴの車もあります。

これは楽しくて、降りたくなくなっちゃうね!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180429185447j:plain

すべてブロックでできています!

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330015123j:plain

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330131136j:plain

至るところで、このようにレゴの記念写真が撮れます。 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170325141210j:plain

これ一体一体作ったってことなのか。。 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170325140736j:plain

冒険のワクワク感が伝わってきますね!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329230109j:plain

水の躍動感もレゴブロックで表現されていて、リアルとは違う芸術性を感じることができます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329230202j:plain

 ちなみにレゴランドに入ってすぐ右手に、手荷物用のロッカーがあります。

このように、ロッカーもレゴブロックのカラー。

どの色に入れようかなーなんて、迷いながら入れるのも楽しそう!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170318171118j:plain

本当に細かいところまでこだわって、作り上げている感じがしました。

 

レゴランドエリア別案内 

さてここからは、エリア別の特徴を紹介していきたいと思います。

現在、レゴランドジャパンは7つのエリアに分かれています。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170325141307j:plain

ファクトリー

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330011531j:plain

まず、レゴランドに入ってすぐに現れるエリアです。

こちらは、『レゴブロックができるまでを見に行こう』をテーマにしたエリアとなっております。

また、インフォメーションや年パス、ロッカーもこのエリアにあります。

 

レゴファクトリーツアー

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329230930j:plain

まず一番おすすめなのは、こちらの『レゴファクトリーツアー』です。

こちらではレゴブロックができるまでを体験でき、記念にレゴブロックをもらうことができます。

ここはまず行きたい!というか、ぜひ行ってほしいところです!

作りたてのレゴブロックを手に入れよう! 

 

ビッグショップ

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170325140825j:plain

レゴのお土産が売っています。

ここは最後に、お土産のところで詳しくご紹介します。

 

ゲストサービス、インフォメーション、フォトショップ

こちらのサービスはファクトリーエリアの中にあります。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330101528j:plain

ベビーカーや車椅子が必要な場合は、入場してすぐ右にあります!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330101538j:plain

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330101547j:plain

ロッカー

先ほど紹介したロッカーもこのエリアにあります!

カラフルでワクワクしちゃいますね!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170318171151j:plain

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170318171118j:plain

金城ふ頭の改札内にもロッカーがあるので、GWや夏休み等混み合うことが予想される時期は、そちらを使うのもありかもしれません!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330103608j:plain

 

 

ブリックトピア

レゴファクトリーを抜けて右側に現れるのが、この『ブリックトピア』エリア。

こちらのエリアは『自由に遊ぼう!自由につくろう!』をテーマにしたエリアです。

 

レゴニンジャゴーライブ

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329223025j:plain

レゴニンジャーゴーをテーマに、パペットとプロジェクションマッピングが融合したショーです!

開演時間が決まっているので、訪れた際はまず開演時間を確認してくださいね。 

このショーに合わせて園内を回るのもいいかもしれません。

レゴニンジャーゴーの世界に飛び込んでみよう!

 

ビルド・アンド・テスト

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329220627j:plain

ここではレゴのブロックで車を組み立てて、競争ができます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330121402j:plain

使っても使っても使い切れないほどのレゴブロックがあるので、思う存分楽しめられます。

子供も楽しめますが、32歳でも楽しめました(笑)

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329221345j:plain

 

オブザベーションタワー

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329220149j:plain

全長50メートルの「オブザベーションタワー」。

高所恐怖症の方は無理かもしれないアトラクションです(笑)

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170331191634j:plain

しかし、眺めがいい!

これに乗ると、レゴランドを一望できます。

高いところから見ると、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329224327j:plain

スカイツリーや「ミニランド」のエリアですが、なんだか遠近感狂いますね(笑)

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329224432j:plain

天気が良ければ夕日が見れるかも!

曇っていたので悔しい写真。。

名古屋港も一望できますね。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329224622j:plain

 

デュプロ・バレー

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330131233j:plain

デュプロブロックでできた汽車や、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330120905j:plain

デュプロブロックで遊ぶ事ができるエリアです。

お子様の遊べるエリアですね!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330131243j:plain

ちょっと遠くから撮ったのでわかりづらいかも。。

 

ピックアブリック、レゴクリエイティブワークショップ

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170331180258j:plain

モデルの作り方を学んだり、自分だけの作品を作る事ができるみたいです!

このファクトリーエリアは、レゴブロックについて学んだり体験がたくさんできます。

 

 

パイレーツ・ショア

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330123611j:plain

入って左側のエリアにこちらの「パイレーツ・ショア」エリアがあります。

こちらのエリアは『スリル満点の海賊船にのりこもう!』をテーマにしているエリアになります。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330124717j:plain

 海賊と聞くと、いくつになってもワクワクしますね(笑)

 

スプラッシュバトル

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330124623j:plain

海賊船に乗り込んだお客さんと、水が出る大砲で撃ち合いするアトラクション。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330011757j:plain

多分結構濡れる!

特にお子様と一緒に行かれる方は、着替えを持って行かれるといいかもしれません!

せっかくのお出かけ、ずぶ濡れになって風邪なんて引いてしまったら楽しめなくなりますからね!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330102201j:plain

二手に分かれて、船と陸に分かれて撃ち合うのも楽しそうですね!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330124528j:plain

 

キャスタウェイ・キャンプ

海賊船に乗ったり、滑り台やネット(網の方)で遊ぶ事ができます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330011857j:plain

海賊船版のアスレチックっていう感じですかね。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330124106j:plain

 

アンカー・アウェイ! 

海賊船が前後左右に動きます。

少し小さめのバイキングといった感じの乗り物ですね!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330123532j:plain

エリアでは時間帯によって海賊のショーなどもあります。 

お客様を巻き込んで行われるショーは、毎回大盛り上がり!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330135534j:plain

やはり幾つになっても、海賊に憧れますね(笑)

 

 

 

ナイト・キングダム

『ドラゴンの住む城、中世の世界』をテーマにしたエリアです。

こういうのも男の子は好きそう!

小さい子はナイトやプリンセスになれるエリアですね!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329220604j:plain

こちらもワクワクする世界観ですね〜。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330124907j:plain

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330125027j:plain

 

ザ・ドラゴン

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330130019j:plain

ドラゴンに乗って中世の世界や、お城を駆け巡るジェットコースター!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330125120j:plain

CMみたいには撮れなかった(笑)

絶叫系を初めて乗るお子様には、ちょうどいいジェットコースター!

というサイズ感ですね!

これで楽しく乗れれば、絶叫系も慣れてくるんじゃないかな?と思います。

 

さらに、小さいお子様向けのジェットコースターならドラゴンアプレンティスというアトラクションもあるので、こちらもチェックですね!

 

マーリン・チャレンジ

汽車型のメリーゴーランドですね!

さすがに32歳一人では乗れなかったので感想は書けないですが…(笑)

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330125056j:plain

 

 

 

レゴ・シティ

こちらのエリアは、『みんなで運転やレスキューに挑戦!』をテーマにしたエリアなっています。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330015841j:plain

 

レスキュー・アカデミー

手動で消防車を動かし、火事の現場に駆けつけ、火を早く消すのを競うアトラクションです!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330020223j:plain

大人の力でも結構疲れます(笑)

なのでお子様と協力し、他よりも早く現場に早く駆けつけ、火を消しましょう!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170331175754j:plain

スタッフの人が巡回してくれているので、大変だと感じたら手伝ってくれます!

しかしここは、お父さん!腕の見せどころですよ!

お子様や奥様に、かっこいいところ見せてやりましょう!

 

ドライビング・スクール

こちらはレゴの車に乗り、運転をします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330023309j:plain

みんなと競争しよう!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330101935j:plain

  

アドベンチャー

こちらのエリアは『ドキドキいっぱいの大冒険』をテーマにしたエリアです。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330011655j:plain

子供が大好きな冒険要素が、いっぱい詰め込まれてます!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330101836j:plain

古代遺跡が冒険心をくすぐりますね!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330020833j:plain

お墓があったり、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330101902j:plain

ファラオの像だっけ?存在感抜群です!

後ろの高速が隠れるようにできるといいのになぁ(笑)

なんてことを少し思いましたが、こちらも素晴らしい。

 

ファラオ・リベンジ

ボールで埋め尽くされた、オアシス。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330121103j:plain

大人も子供もボールで遊べます。 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330101849j:plain

昔、ゴムボールのプールで遊んだあんな感じですね!

懐かしいぃ。。

 

ロスト・キングダム・アドベンチャー 

冒険用の車に乗り遺跡を探検します。

レーザー銃を使って、盗まれた宝物を取り戻します。

一緒に乗ってる人と点数を競うので、盛り上がりますよ!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330120240j:plain

レゴと遺跡がミックスしてますね!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330120429j:plain

アトラクションのレーザーは、お父さん、お母さん、負けてあげてくださいね(笑)

 

サブマリン・アドベンチャー

レゴダイバーの一員になり、海底の古代遺跡を探検するアトラクションです。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330020609j:plain

 かっこいい潜水艦!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330020657j:plain

潜水艦に乗り込むってこれまた冒険って感じがしますね!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330020724j:plain

レゴブロック+水族館って感じで、綺麗です!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330023205j:plain

サメもいたり、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330023336j:plain

レゴブロックとお魚が見れます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330023416j:plain

 

このエリアは本当に冒険の要素がたくさんあります!

これはレゴブロックにあまり詳しくなくても、楽しめそう!

本物の水族館にきているような感覚になります。

 

ミニランド

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329220433j:plain

そして最後は、レゴランドの中心にある『ミニランド』です。 

 日本の名所をレゴブロックで再現してあります。

姫路城、宮島、さっぽろテレビ、雪まつり、神戸ポートタワー、清水寺、金閣寺、平等院、祇園、名古屋城、ナゴヤドーム、通天閣、道頓堀、新幹線、スカイツリー、東京タワー、渋谷スクランブル交差点、浅草など、いろいろな名所がレゴブロックで作られています。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330012028j:plain

すごい不思議な街並みを感じます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330012042j:plain

そしてもちろん、全てレゴブロックでできていることに驚きます。

ミニランドは近くで見ることができるので、その精巧な造りを間近でご覧になれますよ。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330012133j:plain

そしてオブザベーションタワーに乗ってみると、ヘリコプターで街並みを見てるような感覚になります。

 

 

 

まだまだアトラクションはある!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170331182650j:plain

レゴランドジャパンには、ショーを含めて40を超えるアトラクションがあります。

やはり小さいお子様向けのアトラクションが多いですが、大人も楽しめるアトラクションもありますよ!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330101513j:plain

僕は小さい頃絶叫系が苦手だったので、こういう小さめのアトラクションがあると段々なれることができていいなぁって思いました。

 

そして、アトラクション以外にも純粋にレゴブロックを積んで遊べるところも多いので、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330121123j:plain

ずーっと遊んでられるかもしれないですね(笑)

 

「レゴランド」園内グルメ 

ポテト好き、レゴ好き必見の『レゴポテト』は アドベンチャーエリアで購入できます。レゴポテトは絶対食べて欲しいですね。

小腹が空いた時はレゴポテトを!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330103531j:plain

チキンダイナーで、フライドチキンがあったり、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330101941j:plain

サンドウィッチもあります。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330114139j:plain 

その他にもアイスファクトリーや、レストラン、パスタ、ピザ、ハンバーガーなどのショップがあります。

各エリアごとの色に合わせたグルメがあるので入ってみましょう!

価格はテーマパーク価格といったところでしょうか。

 

 

そしてレゴランドの外にもMaker's Pier|メイカーズピア

があり、色々な飲食店が並んでいます。

こちらで食事をするという手もありですね!

 

お土産

さて。エリアもすべて周ったところで、お土産はどこで買うのかを紹介します。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170325140825j:plain

お土産は、先ほどファクトリーエリアで紹介した「ビッグショップ」で買いましょう! 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329231444j:plain

とにかく広い!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329231604j:plain

アジア最大級のレゴショップ。

こんなにレゴブロックの商品があるのは、日本ではここだけでしょう!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329231631j:plain

個人的にはこのマインクラフトと、スターウォーズのレゴブロックでテンション上がったな(笑)

欲しくなりました(笑)

 

レゴランドジャパンで気づいた事や注意点

ここからは少し、気づいた事やよかった点、悪かった点などを紹介していきたいと思います。

 

待ち時間も楽しく

テーマパークと言えば、待ち時間とは切っても切り離せません。

レゴランドでは、待ってる間になんとレゴブロックで遊んでられるんです。

これ、待ちぼうけになってぐずってしまいがちなお子様にとってはかなりポイントになってくるのかなと思います。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330002249j:plain

むしろ、進む順番が来てもここから離れたくない!なんて言うかも知れませんね(笑)

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330002324j:plain

 

柔らかい地面で安心

レゴランド内では結構登ったり、乗ったり飛び跳ねたり遊ぶところが多いんです。

そうなると、お子様の怪我が心配ですよね。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329233338j:plain

でも、そういう遊べるところの地面はふかふかしてます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170329233210j:plain

写真ではわかりにくところがありますが、ふかふかしていて、転んでも痛くないように配慮してあります。

 

 

そして疲れたら休憩するベンチは、自然に優しいリサイクルされたもので出来ています。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330102048j:plain

 この辺りの配慮は嬉しいですよね!

 

注意点①

結構濡れる

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330020629j:plain

このように結構、通路まで水しぶきが飛んでくるので、水のあるエリアは注意しましょう。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330123800j:plain

結構濡れるので、先ほどもチラッと書かせていただきましたが、特にお子様は着替えがいるかもしれません。

もし着替えを忘れたという時は、こんな感じの全身ドライヤーがあるので安心です。(有料)

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330002859j:plain

もしくは最初から濡れるのが嫌な方は、こちらのポンチョを購入しましょう!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170331180147j:plain

 

注意点② 

結構ここ重要です!

身長によっては乗れるものが制限されたりします。

いざ入場して乗れないってことがあるかもしれないので、事前にホームページなどで調べておきましょう!(記事執筆時)

  • 身長90センチ以上ないと乗れるアトラクションがとても少ない。
  • 130センチ未満の子供1人対して、大人が必ずつかないといけないアトラクションが多い。例えば、お父さんと子供2人で来たら、一緒に乗れない。
  • 妊娠中の方は乗れるものが少ない。

ので事前にここはチェックしておいたほうがいいと思います!

僕が入園している間も、お子様を連れた親御さんが、お子様の身長制限で困った様子でいたのを見かけました。

 

▼公式ホームページはこちら

LEGOLAND® Japan 

 

「レゴランドホテル」や水族館のオープンで、さらに進化するレゴランド

レゴランドホテルや、水族館エリアのオープンを迎えたレゴランド。

まだまだ拡大していくのか、これからも目が離せませんね。

個人的にマインクラフトとスターウォーズが大好きなので、そのエリアができたらまた行きたいなと思っています。

 

お値段

お得なのは年パスですね!

1DAYパスと年パスの値段はこちらになります。(記事執筆時)

 

  • 1DAYパスは子供5300円(3歳〜12歳)

      大人6900円(13歳以上)

2歳以下は無料です。

 

  • 年パスだと子供13300円(3歳〜12歳)

     大人17300円(13歳以上)

 

3回以上行くかも?という方は、年パスの方がいいような気がしますね!

 

 

最後に

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330103552j:plain

子供のためのテーマパークって感じだなーって思いました。

お子様は絶対楽しめる!

大人はやや楽しめるんですが(大人の事情と相談しながら)って感じですね!

強いていうなら値段が若干高いようにも思えるかもしれないかな。。。。

 

これからどんどん進化していくと思うので、少し高いですが期待しましょう!

 

愛知県民として、レゴランドがひとつ、名古屋を魅力のある街に押し上げてくれることを強く願っています!

レゴランドだけでなく、名古屋は自分の県を外にアピールするのが下手なだけだと思います。

レゴランドに来たら、是非名古屋も楽しんでいってくださいね!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170330102455j:plain

名古屋駅あおなみ線の近くには、名古屋グルメが食べれる『名古屋うまいもん通り』があるので、ぜひ帰りに寄ってみてくださいね〜

個人的にオススメなのが、中華料理の『味仙』です!

名古屋発祥の台湾ラーメンが食べられますよ。

 

レゴランド、名古屋を観光するならこちらのガイドブックもお忘れなく!

 

 
 

 レゴブロックで遊んだ後は、ちゃんとお片付けしてほしいもの。

これならいつもより、子どもが楽しくお片付けできる予感!

 

 

 

ソフトバンク社運営「ブック放題」は旅行誌が充実!

 

ソフトバンク社運営の「ブック放題」という定額マガジンサービスがあります。

キャリア関係なく、ソフトバンク以外のスマホをお持ちの方も契約できるので、知る人ぞ知る大人気なサービスなんです!

 

こちらの特徴としては、

 

・人気旅行誌「るるぶ」が100冊以上読み放題(国内・海外ともに)

・マンガも20,000札以上読み放題

 

日帰り特集や、近場の1泊旅行の参考になる本もあるので、1年を通してかなり有効活用できるのではないかと思います!

正直、このラインナップは素晴らしい。

 

▼「ブック放題」公式サイトはこちら

 

有名旅行誌「るるぶ」で夏休みや冬休みの旅行計画もバッチリ?!

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20181031011217j:plain

さらに、家族でのんびり「ブック放題」で海外るるぶを見ていれば「今度の夏休みはハワイに行きたいなー!」なんておねだりも簡単にできるかも?!

旅行誌を買い求めるために本屋さんに行く時間や、ネットショッピングする時間を削減できるのも大きいですよね。

我が家も本気で、近々導入しようと話しています!

 

▼「ブック放題」公式サイトはこちら

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

 

 

ガッキーは普段こんなことしています。

名古屋、東海を中心にフリーランスの料理人として活動中です。

www.gakkyludique.com

 

 

レシピブログ

普段は主に、料理レシピを更新してます。

たまに名古屋のことや、雑記なんかも書いております!

▼ガッキーの料理レシピはこちらから

ガッキーの料理レシピ 

 

出張料理

名古屋、東海地方を中心に出張料理やってます。

小さいお子様がいてなかなか外食にいけないってことありませんか? 

そんな時はガッキーの『出張料理』にお任せください!

▼詳しくはこちらから

名古屋、東海で『出張料理』で楽しみたい方はシェフガッキーにお任せ! 

  

 

👍東海地方の旅行記はこちら 

www.gakkyludique.com

 


  

☆お知らせコーナー
👍おすすめ厳選記事はこちら
🍴人気のレシピはこちら