Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

【プロのアレンジレシピ】冷製ツナとみょうがのスクランブルエッグの作り方

この記事をシェアする

▼僕がオーナーを務めるカフェで働きませんか?
ホールスタッフを募集しています。
f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220415124213p:plain
スポンサードリンク

「ひんやり、おいしく。」

 

 



 

出張料理人のガッキーです。

 

>>出張料理の詳細はこちら

 

 

 

 

今回のレシピは、卵を使った簡単おつまみです。

以前、本格スクランブルエッグの作り方でホテルの朝食のようなスクランブルエッグを紹介したことがあります。

今回はその西洋料理のスクランブルエッグを和風にアレンジしました。

それでは早速作っていきましょう。

 

 

「ツナとみょうがのスクランブルエッグ」の作り方

 

材料(2人前)

卵  4個

ツナ缶  1缶

みょうが  2本

甘長ししとう 3本 

バター  10g

塩  少々

すりごま  少々

 

 

作り方

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20200525224843j:plain

甘長ししとうがない場合は、ししとうもしくはピーマンで代用ができます。

 

 

①材料をカットする

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20200525224854j:plain

みょうが、甘長ししとうは薄めにスライスします。 

 

②卵に火をいれる 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20200525224847j:plain

ボールに塩をひとつまみと、ツナ缶を汁ごといれます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20200525224820j:plain

卵をいれて、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20200525224851j:plain

塩のざらざら感なくなるまでしっかり混ぜます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20200525224823j:plain

カットした甘長ししとうと、ミョウガをいれます。

(飾り用にミョウガをすこし残しておきます。)

 

ボールごと湯煎にかけて、

(湯煎のお湯はやや沸騰しているくらいの弱火)

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20200525224830j:plain

混ぜながら火をいれます。

 

少し卵が固まってきたら、バターをいれ

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20200525224836j:plain

さらに火をいれて、ヘラなどですくえる硬さになってきたら、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20200525224817j:plain

湯煎から外し、氷水でボールごと冷やします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20200525224826j:plain

しっかり冷えたら盛り付けをして、みょうが、すりごまをのせて完成です。

 

「ツナとミョウガのスクランブルエッグ」の作り方ポイント

湯煎で火をいれる!

フライパンで直接火をいれると、カチカチの炒り卵になってしまいます。

しっとりリッチなスクランブルエッグに仕上げるために、湯煎で火を通しましょう。

 

食べてみましょう

それでは恒例の実食!


 

卵が濃厚に味わえておいしい。甘長とみょうがの食感がしっかりして食感が楽しい!

 

 

 

まとめ

 

スクランブルエッグというと朝食のイメージがありますが、具材が入り、冷やして食べるとおつまみに大変身します。

ぜひ「ツナとみょうがのスクランブルエッグ」作ってみてください。 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

ただ今読者募集中です。

よければポチっとお願いします。

🔻おすすめ記事はこちら


 

www.gakkyludique.com

 


©2016-2022 Ludique