Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

フレンチシェフガッキーによる料理ブログ!フランス語のLudique(遊び心)を食卓に!楽しく料理をお伝えする【ダジャレシピ】と時々【ガッキーの雑記】ブログです。

自宅でガッキーの料理が楽しめる!

出張料理の詳細はこちら
↑↑6月中のご予約で特典あり↑↑

簡単で失敗しないフレンチ!鶏肉とお酢で作る『鶏肉のビネガー煮込み』の作り方!


スポンサードリンク

ヴィネガー煮込み

さっぱり食べたい!鶏肉料理レシピ!

 

どうもガッキーです

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160906165631p:plain

 今回はあっさりした鶏肉料理を紹介したいと思います!

お酢を使ったレシピは疲労回復の効果があるので、忙しい時にとりたいものです。 

そんな時にオススメなのは、

『鶏肉のビネガー煮込み』です!!!!!!

この料理、フランスにいたときは一回しか作ってません(笑) 

日本に帰ってきてからよく作るようになりました。

フレンチなんですがすごく簡単にできるので、紹介しますね! 

ではさっそく作り方に行ってみましょう!

 

 

簡単で失敗しないフレンチレシピ!鶏肉とお酢で作る『鶏肉のビネガー煮込み』の作り方

材料(二人前)

鶏もも肉 1枚(半分に切る)

玉ねぎ  1/2個(スライス)

トマト   1個(角切り)

白ワイン 100cc

白ワインヴィネがー  100cc

ブイヨン粉の物  一掴み

バター  10グラム

オリーブオイル  少々

粒マスタード     スプーン1杯

塩、黒コショウ

 

■付け合わせ

『キャベツのソテー』

キャベツ  1/8(千切り)

オリーブオイル、塩、黒コショウ 少々

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160519125448j:plain  

作り方

鶏肉は焼く前に常温に戻しておきましょう!

 

①材料を切る!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160519125603j:plain

たまねぎはスライス、トマトは角切り、キャベツは千切りにします。

鶏肉は半分にカットします。(今回切るもの少な!!!)

 

②鶏肉を焼いていく!!

鶏肉を両面、塩コショウをして、フライパンを中火から弱火で熱して、オリーブオイルで皮面から焼いていきます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160519125658j:plain

 これくらいの焼き色が付いてきたら、ひっくり返します。

 f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160519125805j:plain

ひっくり返したら裏面を1分ほど焼いて、表面の赤いところがなくなったら、

トリをとりだします!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160519125907j:plain

鶏肉に完全に火が入ってなくても大丈夫です!

 

③さっぱりとしたソースを作る!!!

焼いたフライパンは洗わないでくださいね!

油だけを捨て、玉ねぎを弱火で、炒めていきます。

玉ねぎが少ししんなりしてきたら、白ワインを加え、強火にしてアルコールをとばします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160519130322j:plain

アルコールがとんだら、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160519130422j:plain

弱火にして、白ワインヴィネガー、バター、ブイヨン、塩、コショウ、粒マスタード、トマトをいれます。

そしたら『トリ戻します』。

少しソースを鶏肉にからめ、蓋をして10分程煮込みます。

 

④付け合わせを作る!!!!

煮込んでる時間を有効に使わなくてはもったいない!!!

ということで、その間に付け合わせ作っちゃいます!

フライパンを強火で熱し、オリーブオイルを入れて、千切り(少し太め)キャベツをささっと炒めて塩コショウします!

1分くらい炒めて、キャベツの食感を残しましょう!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160519130646j:plain

ビネガーの味の料理とキャベツはすごく相性がいいので今回はこれにしました。

それに簡単ですからね!!

 

そうこうしてる内に『鶏肉のビネガー煮込み』の完成です!

ヴィネガー煮込み

トマトを散らして、パセリをふって彩りよく盛り付けましょう! 

 

鶏肉料理レシピ!!『鶏肉のヴィネガー煮込み』のポイント

鶏肉の皮面をしっかり焼くこと

です!

焼くことによって余分な脂がでて、ヘルシーになることと、煮込んだとき香ばしさが出ます。

いきなり強火で色をつけると、ちゃんと脂がでずに先に色だけが付いてしまいます。

中弱火ぐらいでじっくり焼いてください。

 

そしてもう一つは

鶏肉を焼いたあとのフライパンでソースを作る

ということです。

肉を焼いた後のフライパンには、旨味成分が残ってます。

玉ねぎを炒めるときこそげとるように木べらなどで炒めてください。

そうすることによってソースに香り、深みが出ます。

 今まで肉を焼いてすぐ洗っていたあなた!!!

これからはこの旨味、つかってみませんか?

 

食べてみましょう 

それでは恒例の実食!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228093759j:plain
 

酸味が柔らかく、さっぱりしててうまい!!!!キャベツもシャキシャキで、おいしい!

でした(笑)

 

いかがでしたか?

今回この旨みを使って作るソースで、フレンチって料理を身近に感じれるんじゃないかと思います。

難しいことは一切なかったと思いますので、 みなさん是非『鶏肉のビネガー煮込み』作ってみてください。

 

ただ今読者募集中です

↓↓↓↓

↑↑↑↑

よければポチっとお願いします。

 

👍オススメ記事はこちら

www.gakkyludique.com 

☆お知らせコーナー
👍おすすめ厳選記事はこちら
🍴人気のレシピはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました!

おなかすいた〜


当サイト(シェフガッキーの料理ブログ)はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 このプログラムにより第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、サイトの訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したりこれを認識したりする場合があります。
■プライバシーポリシーはこちら■