Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

自宅がレストランに大変身?!

本格フレンチをもっと身近に!


スポンサードリンク
種類3

【トマトで簡単おつまみ】プロが作る「トマトのガーリックソテー」のレシピ


スポンサードリンク

「トマト」をオシャレに食べよう。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160723141007j:plain

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180518142102j:plain
 

出張料理人のガッキーです。

 

>>>出張料理とは?詳細はこちら

 

 

ガッキーのブログってトマト料理多いね!

と言われ、え?そうかな?と確認したら…

 

www.gakkyludique.com

 

 

結構あった(笑)

 

 

しかも、今回もトマトレシピだ!

 

うすうす気づいてはいたんだけど、俺やっぱりトマト好きなんだな!

そんなトマト好きフレンチシェフのガッキー、今回もトマトレシピをご紹介します!

 

簡単で夏にピッタリなおつまみレシピです。

それでは作り方にいきたいと思います。

 

 

 

トマトのガーリックソテーの作り方

材料(2人前)

トマト  2個

ミョウガ 3個

大葉  10枚

ジャコ  40グラム

ニンニク  2かけら

トウガラシ  1本

塩、オリーブオイル 少々

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160723141152j:plain

 

「トマトのガーリックソテー」の手順

①材料を切る

ニンニクはみじん切りに、トウガラシは輪切りにします。

輪切りのトウガラシがあればそのまま使ってください。

 

 

ミョウガは薄く小口切りにします。大葉は千切りにします。

トマトはヘタをとり8等分、もしくは一口大の乱切りにカットします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160723141224j:plain

 ②炒める

フライパンにオリーブオイル、ニンニクのみじん切り、トウガラシをいれて弱火で熱します。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160723141313j:plain

 

ちなみに僕は、このオリーブオイルが使い勝手が良くて好きです。

 

ニンニクのいい香りがしてきて、キツネ色になってきたら、ジャコをいれます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160723141351j:plain

ジャコからいい香りがしてきたら、ミョウガを半分いれて火を止め、そこにトマトを入れます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160723141427j:plain

ジャコに塩気があるので軽く塩をして、オイルをトマトに絡めたら完成です!

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160723141459j:plain

残りのミョウガと、大葉を高く盛り付けましょう!

 

 

「トマトのガーリックソテー」ポイント

トマトに火を入れ過ぎない!

です。

 

トマトに火を入れ過ぎちゃうと、崩れて、ぐちゃぐちゃになってしまします。

トマトを入れる時は、火をとめてササっと仕上げましょう!

しっかり冷えた状態で食べたいって方は、完成したら冷蔵庫で冷やしてくださいね!

 

 

それでは恒例の実食!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180518142102j:plain



 

火を加えたトマトって本当に美味しくて、いくらでも食べれられそう!じゃことの相性もバッチリで大人だけでなく、お子様にも食べてほしい一品だ!

 

 

 加熱したトマトはダイエットに良い?美肌になる?

グルタミン酸という、トマトのうまみ成分が加熱をすることにより増すため「より美味しい!」と感じるのだそうです。

そしてもうひとつ、加熱することによりリコピンの吸収率が約3倍になるとも言われており、美肌効果やダイエットにも効果的と言われています。

 

トマトといえば、主にサラダに入っていたり、居酒屋ではトマトスライスとして単体で食べたりと、加熱したトマトを食べることは、生のトマトを食べることより少ないのかなと思っています。

しかし、今回のようにソテーにするのはもちろん、オーブンで焼くだけでも生のトマトとはまた異なった美味しさが発見できますよ!

 

 

いかがでしたか?

簡単にササっと作れる一品です。

ぜひお試し下さいね!

 

 

 

 

ただ今読者募集中です。

↓↓↓↓

↑↑↑↑

よければポチっとお願いします。

  

 

👍おすすめ厳選記事はこちら
🍴人気のレシピはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました!