Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

シェフが作る最高の「鮭のムニエル」レシピ

この記事をシェアする

▼僕がオーナーを務めるカフェで働きませんか?
ホールスタッフを募集しています。
f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220415124213p:plain
スポンサードリンク

「鮭のムニエル

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220128221846j:plain

 




 

出張料理人・缶詰料理王のガッキーです。

 

>>出張料理とは?詳細はこちら

 

今回は定番のおかずとして鮭のムニエルを作っていきます。

 

 

ムニエルとは

「ムニエル」とはフランス語で粉屋を意味する「ムニエ」から来ています。

文字通り、粉である小麦粉をまぶし、バターで焼き上げた料理のことを言います。

言葉にすると簡単な調理法で、僕も小さいころから

 

ムニエル=小麦粉をつけてただ焼くだけのもの

 

と思っていました。

しかし、僕がフランスへ留学した時、本場のムニエルを見た時、衝撃的でした。

バターで焼くというより、

「バターの泡で包み込むように煮る」ような感覚に近かかったのです。

そしてとてつもなく風味がよくうまかったのです。

 

今日はそんな衝撃的だったムニエルの作り方を紹介いたします。

早速作っていきましょう。

 

 

【鮭のムニエル】の作り方 

 

材料(2人前)

鮭の切り身  2身

小麦粉  少々

バター 50g

塩、コショウ 少々

オリーブオイル 少々

 

 

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220128221953j:plain

 

作り方

ソースは前回紹介したタルタルソースをかけています。

www.gakkyludique.com

 

タルタルが作るのがめんどくさい場合は、レモンを絞るだけでも美味しく食べることができます。

 

①鮭に味付けをする

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220128222007j:plain

鮭の表面の水気をペーパータオルなどで取り、塩、コショウで両面味付けをします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220128221940j:plain

小麦粉をしっかりとまぶし、余分な粉を落としておきます。

 

②ムニエルにする

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220128221924j:plain

フライパンを中火で熱し、オリーブオイル、バターを半々くらいで入れて泡状にします。

(今回は分かりやすいように大袈裟なバターの量を使っていますが、もう少し少なくても大丈夫です)

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220128221905j:plain

焼き色がついてきたら、鮭をひっくり返します。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220128221834j:plain

スプーンを使い、バターの泡をかけながら表にさらに香ばしい焼き色をつけていきます。

 

両面キレイな焼き色がついてきたら盛り付けます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220128221817j:plain

レモンをかけるだけでも美味しいですが、 おすすめはやっぱりタルタルソースです。

www.gakkyludique.com

 

 

 

「鮭のムニエル」のポイント 

バターを焦がさない!

 

バターで焼くと風味が良くなりますが、火が強くなれば焦げやすくなります。

そしてバターを節約するのと、焦げにくくするために半々でオリーブオイルを入れましょう。

 

 

食べてみましょう

それでは恒例の実食!


 

鮭がフカフカで風味がバターの風味がしっかりしていてうまい!

 

 

まとめ

おかずの定番として、鮭のムニエルは登場するシーンが多いのではないでしょうか。

今日のムニエルはいつもと違う!そんな風に皆さんに思ってもらえたらと思います。

ぜひ

「鮭のムニエル」作ってみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

ただ今読者募集中です。

よければポチっとお願いします。

 

www.gakkyludique.com

 

www.gakkyludique.com

 


©2016-2022 Ludique