Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!


スポンサードリンク

【簡単!切って混ぜるだけ】シェフが作る「コールスロー」のレシピ

スポンサードリンク

人気の「コールスロー」レシピ

出張料理人・缶詰料理王のガッキーです。

 

>>出張料理とは?詳細はこちら

 

今回はキャベツを使って、定番のコールスローを作っていきたいと思います。

 

 

コールスローとは

コールスローは意外と歴史が古く、古代ギリシャ時代からあったとされています。

名前の由来はオランダ語のkoolsaladeから派生したkoolsla(コールスラ)からだとされているそうです。

 

コールスローの切り方

千切り、みじんぎり、ざく切りと、いろいろな切り方でコールスローは食感を変えることができます。

 

ケンタッキーフライドチキンのコールスローが好き

僕は、ケンタッキーのコールスローが大好きです。

あのしっかりとした味わいのフライドチキンを食べたあとに、口の中をさっぱりとしてくれるコールスローが大好きです。

※コールスローは創業者ハーランド・デーヴィッド・サンダース氏(カーネルサンダース)の生まれ故郷、米インディアナ州の家庭料理だったようです。

 

そんなケンタッキーのコールスローのイメージを残しつつ、今回のレシピを作ってみました。

 

それでは早速作っていきましょう!

シェフが作る簡単!「コールスローサラダ」の作り方

材料(4人前)

キャベツ  1/2玉

コーン缶・・・・1缶

人参・・・・1/2本

ハム・・・・6枚

塩もみ用塩・・・10g

 

■ドレッシング

マヨネーズ・・・・200g

練乳・・・・20g

お酢・・・・30cc

塩・・・・・・3g

こしょう・・・少々

 

 

作り方 

キャベツはカットの前に洗っておきましょう。

 

隠し味として、夏のかき氷や、イチゴにかけて使うなどする

冷蔵庫に余りがちなあの「練乳」を使っているのが、このレシピの特徴のひとつです。

 

 

 

①野菜をカットする

キャベツの芯を外して千切りにして、

 

そのあと食べやすい長さにカットします。

人参も千切りにします。

ボウルにいれて

塩揉みします。

漬物をつくるように、しっかりと塩をもみ込みます。

 

15分〜30分ほどおくと水分が出てきます。

この水分をしっかり絞ります。

 

 

 

②コールスロードレッシングを作る

ボウルにマヨネーズ、練乳、お酢、塩、ブラックペッパーをいれて混ぜます。

 

 

 

 

③混ぜる

ハムを千切りにして、

 

水気をきったコーンをいれます。

コールスロードレッシングをいれてしっかりと混ぜます。

 

 

お皿に盛り付けて完成です。

 

 

 

 

 

「コールスローサラダ」のポイント

塩もみをしてしっかり水気を切る

塩をしっかりと揉み込むとキャベツが柔らかくなり、塩が馴染みます。

しかし水気もでてくるので、後で和えるコールスロードレッシングが薄まらないように、しっかりと水気をきりましょう。

 

 

食べてみましょう

それでは恒例の実食!

「キャベツの甘みがしっかりと感じられて、ドレッシングがさっぱりとしていて美味しい!」

 

 

コールスローは作り置きにも◎

しっかりと水気がきれてできていれば、3日ほどは冷蔵庫で保存できます。

作り置きにもぴったりです。

 

行程的には切って混ぜるだけなので、とっても簡単です。

ぜひ「コールスローサラダ」作ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

www.gakkyludique.com

 

 

www.gakkyludique.com

 

 


©2016-2024 Ludique