Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

【缶詰料理王】の"缶”単「やきとり缶のパイ包み」レシピ

この記事をシェアする

▼僕がオーナーを務めるカフェで働きませんか?
ホールスタッフを募集しています。
f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220415124213p:plain
スポンサードリンク

「缶詰で本格フレンチ?!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220206171908p:plain

 

 


 

出張料理人・缶詰料理王のガッキーです。

 

>>出張料理とは?詳細はこちら

 

 

今回は僕の得意中の得意!

「缶詰×フレンチ」をかけ合わせて作るレシピです。

 

実は私、テレビチャンピオン缶詰料理王選手権で優勝しています。

そんな缶詰に、15年以上フレンチの道で培ってきた技術をかけ合わせました。

 

フレンチですが、缶詰を使う以上は手間をかけず、10分を目安にできる”缶“単レシピなのでご安心を。

 

今回は「やきとり缶のパイ包み」を作ります。

 

え、パイ生地作るんじゃないの?めんどくさいじゃん!と思いますよね?

実はこれ、パイ生地をとある食材で代用し、パイ包みを作っていくんです。

 

それでは早速作っていきましょう!

 

 

【やきとり缶のパイ包み】の作り方 

 

材料(2人前)

ホテイフーズのやきとり缶 塩味 1缶

ぎょうざの皮  2枚

ブロッコリー 4房

牛乳  50cc

バター  10g

サラダ油  少々

 

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220206161326j:plain

作り方

そうです。

パイの代わりに使うのは、餃子の皮です。

なんと‥奇跡的に、餃子の皮の直径と缶詰の直径がほぼ同じサイズなんです。

 

①材料をカットし、炒める

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220206161340j:plain

ブロッコリーは小さめの一口サイズにカットします。

フライパンにサラダ油をいれて強火でブロッコリーを炒めます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220206161355j:plain

ブロッコリーが色づいてきたら、缶詰の中身を全て入れます。

 

缶は盛り付けに使うので、そのままとっておきます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220206161418j:plain

やきとり缶の汁気がなくなってきたら、

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220206161440j:plain

牛乳、シチューの素をいれます。

シチューの素をしっかり溶かし、沸騰させます。

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220206161502j:plain

溶けたら、缶に盛り付けます。

 

②餃子の皮を焼く

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220206161527j:plain

フライパンを中火で熱しバターを入れます。

 

バターが溶けたら餃子の皮を入れて、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220206161552j:plain

 

焼き色がついてパリパリになったら、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220206161646j:plain

缶詰に立てかけて完成です。

 

なぜ餃子の皮を2枚用意するかは、この後ご説明します。

 

 

「缶詰料理王のやきとり缶のパイ包み」のポイント 

餃子をバターで焼く

サラダ油やオリーブオイルでも、餃子の皮を焼いてパリパリにすることはできます。

しかし、バターを使うことで、よりパイ生地のバターの風味に近づけることができます。

 

食べてみましょう

それでは恒例の実食!


 

シチューにパイをつけて食べるとサクパリでうまい!1枚じゃ足らないから2枚あってよかった!

 

 

やきとりで缶パイ包みまとめ

缶詰はそのまま食べても美味しく、調理のめんどくさい課程を省いてくれます。

時短で"缶"単、作ってみると面白い「やきとり缶のパイ包み」ぜひ作ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

本日使った缶詰はホテイーフーズさんのやきとり缶です。

こちらも合わせてチェックしてみてね!

 

ただ今読者募集中です。

よければポチっとお願いします。

 

www.gakkyludique.com

 

www.gakkyludique.com

 

www.gakkyludique.com

 

 

 


©2016-2022 Ludique