Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

フレンチシェフガッキーによる料理ブログ!フランス語のLudique(遊び心)を食卓に!楽しく料理をお伝えする【ダジャレシピ】と時々【ガッキーの雑記】ブログです。

クリスマス・忘年会・新年会は本格フレンチで

出張料理の詳細はこちら
↑↑自宅でガッキーの料理が楽しめる!↑↑

まるで呪文料理!煮込み料理の定番『牛肉の赤ワイン煮』の作り方!


スポンサードリンク

ブフブルギニオン!!

牛肉の赤ワイン煮込み

 どうも!ガッキーです!!

久々の更新になります。ドメインの変更などで手こずってました(笑)

久々なので気合の入ったフレンチを紹介したいと思います!

今回はどかんとメイン料理を!!!!!

 

某音楽漫画に出てくる、呪文料理

 そう、『〇だめカンダービレ』

僕はドラマでしかのだめを見たことないんですが(かなり前に)どうやら漫画の中で出てきてるみたいです。

その呪文料理を少し説明します。

なにが呪文かと言うと、フランス語で言うと

『ブフブルギニョン』と言います

呪文です。

絶対意味わからないと思います(笑)

まず噛んじゃいますね。 

分かりやすく説明します。

ブフはフランス語でBoeuf で牛肉を意味します。

 

ブルギニョンはフランス語でBourguinonといい、ブルゴーニュ風を意味します。

 

ブルゴーニュと言えばワインの有名な産地。

そして、やはり料理にも赤ワインを使った料理が多いです。

要は、牛肉をブルゴーニュっぽく赤ワインで煮込んだ料理

です。

でも呪文料理言えた方がかっこよくないですか?(笑)

だからお店で頼むときは

『すいません!メインはブフブルギニョンで!』といってやりましょう!!!! 

その前に、5回くらいは言う練習しておきましょう。本番絶対噛みますからね(笑)

とまあ、まじでどうでもいい雑談はこのあたりにして、

本題の作り方に行きたいと思います(笑)

 

 

牛肉の赤ワイン煮 (ブフブルギニョン)の作り方!

名前は難しいですが、とっても簡単です!

材料

◼材料(2人前)

牛モモ肉      400~500グラム(おすすめは牛ばら肉)

赤ワイン       300cc

玉ねぎ        1/2(角切り) 

人参            1/2(角切り)

セロリ        1本(角切り)

ニンニク      1かけら 

マッシュルーム   6個(四つ切り)

トマトペースト    6グラム

バター             20グラム

小麦粉             10グラム

固形ブイヨン    1個

ローリエ         1枚

塩、胡椒         適量

水                     400cc

 

付け合わせ

平打ちのパスタ    

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160601214255j:plain

牛肉の赤ワイン煮作り方

赤ワインは安いペットボトルのものでも大丈夫です!

 

①野菜、肉をカットして赤ワインでマリネする! 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160601214434j:plain

 玉ねぎ、人参、セロリは角切りにする。マッシュルームは四つ切にする。牛肉は食べやすい大きさに切る。

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160601214532j:plain

 マッシュルーム以外の切った材料を赤ワインで漬け込む。

このとき、ニンニク、ローリエも入れましょう!!

最低半日~1日はマリネしましょう。

 

②焼いていく!!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160601214740j:plain

 いい感じマリネできたら、赤ワイン、牛肉、野菜に分けましょう。

このとき絶対赤ワインを捨てないでください!!!

 

分けれたら、強火でフライパンを熱し、オリーブオイルを入れ、塩コショウをした牛肉を焼いていきます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160601214835j:plain

 ↑上の写真のように、いい感じの焼き色がついてきたら、一旦取り出します。

 

油を捨てて、フライパンは洗わず、そのまま弱火でバターを入れて、マリネで使った野菜を炒めていきます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160601214953j:plain

 木べらを使って、フライパンに残ってる旨味を野菜に移していきます。

少し野菜がしんなりしてきたら、牛肉を戻します。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160601215043j:plain

 小麦粉をいいれます。

ここがポイントなのであとでしっかり説明します。

弱火で焦げ付かないように5分程しっかり炒めます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160601215145j:plain

 そしたら、マリネで使った赤ワインを入れ強火にして、アルコールを飛ばします。

アルコールを飛ばしたら、できたらナベに移して、水を入れ沸騰させます。

フライパンだと水分が早く無くなってしまうので、できたら、ナベに移しましょう。

もし、洗い物が増えてめんどうだと思う場合は、水分が無くなってきたら途中途中で水を足していきましょう。

沸騰したら弱火にして、塩、コショウ、ブイヨン、ローリエ、トマトペーストを入れる。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160601215242j:plain

 

 ③ひたすら煮込む!!!

2時間ほど煮込んだら、別の鍋でパスタを茹でて、茹であがったらオリーブオイルを絡め、盛り付けをしたら完成です。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160601215336j:plain

 ↑写真は煮込んでる途中。

牛肉の赤ワイン煮込み

白いお皿だと料理が映えます!!

 

この料理のポイントの前に。。。。。。

今回牛のもも肉を使ってますが、ほんとは牛のばら肉を使いましょう!少し脂身があった方がおいしくなります!

  

え、

なんで今回赤身のもも肉にしたかって??

 

近くのスーパーに無かったんよ!!!!!(笑)

 

ほんとは牛バラの塊で作りたかった。。。。。

  

と気を取り直して

煮込み料理の定番!『牛肉の赤ワイン煮』のポイント

小麦粉をちゃんと炒める!です!

今回のポイントは小麦粉を入れるところにあります。

みなさんベシャメルソース(ホワイトソース)を作るときにルーから作ったことありますか?

カレーのルーではありません(笑)

 

ルーとは、小麦粉と、バターを炒めたもので、とろみをつける時に使うものです。

その原理を今回は使用しました。

野菜を炒める時にバターを入れ、途中で小麦粉を加えてます。

野菜とか肉とか入ってますが、実はここで、ルーを作っていたのです。

これを煮込む事によって、段々とろみがついてきます!

 

もし、いためずに、煮込んでる最中に小麦粉だけをいれたら?

ものすごく粉っぽい味になります!

強火だと焦げてしまうので、弱火でしっかり小麦粉に火を入れましょう。そしたら粉っぽい味はしなくなります。

  

食べてみましょう!

やはりオススメは赤ワインでしょう! 

さあ、それでは、赤ワインと共に

 

恒例の実食!!!!!

『濃厚な味が出てて、めちゃうまい!!!赤ワインがすすむ!!!けど悔やまれるもも肉!!!』 

やはり少し脂身がなかったのでパサつきがありました( ;∀;)

みなさんはぜひ牛ばら肉でやってみてください。

  

いかがでしたか?

赤ワイン開けちゃったけど、飲みきれなかったりしたときや、

少し手の込んだもを作りたいときは挑戦してみてはいかがでしょう?

赤ワインも500円もしないくらいで買えたりするので是非作ってみてください! 

ただ今読者募集中です。よかったらポチっとお願いします

↓↓↓↓

 オススメ記事↓

www.gakkyludique.com

 料理の心得です↓

www.gakkyludique.com

 煮込み料理はこちらから↓

www.gakkyludique.com

 人気の肉レシピ↓ 

www.gakkyludique.com

 オススメ記事一覧↓

🇫🇷ガッキーのフレンチ カテゴリーの記事一覧 - Ludique blog🇫🇷

🇪🇸イタリアン、スペイン料理 カテゴリーの記事一覧 - Ludique blog🇮🇹

🍖オススメ人気レシピ カテゴリーの記事一覧 - Ludique blog🍴

最後まで読んで頂きありがとうございました。

おなかすいた〜

 


当サイト(シェフガッキーの料理ブログ)はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 このプログラムにより第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、サイトの訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したりこれを認識したりする場合があります。
■プライバシーポリシーはこちら■