Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

自宅がレストランに大変身?!

本格フレンチをもっと身近に!


スポンサードリンク
種類3

プロが作るおつまみ『牡蠣のクリーム煮』のレシピ


スポンサードリンク

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180227131059j:plain

どうもガッキーです

Gakky Ludique(@naoya83)

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160906165631p:plain

冬、そして新年度を迎えるこれからや花見のシーズンには、やっぱり『日本酒』が飲みたくなります。

寒い時期、めでたい席、桜。

ね?日本酒飲むしかないでしょ?(笑)

この時期に飲みたくなる、日本酒に合わせたおつまみをご紹介します。

 

多くの日本酒は冬の間に作られ、新酒やしぼりたてが出回り始めます。

美味しい日本酒が多い今こそ、ちびちびと晩酌しませんか?

 

それでは早速作っていきましょう!

 

 

おつまみ『牡蠣のクリーム煮』レシピ

 

材料(2人前)

牡蠣  8個

ワカメ  40グラム

生クリーム  50cc

玉ねぎ  1/4玉

日本酒  100cc

ミニトマト 6個

塩、ブラックペッパー  少々

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180227135636j:plain

 

作り方

牡蠣は加熱用、ワカメは生食用です。

日本酒は料理酒を使っています。

ミニトマトはトマトで代用も可能です。

 

①材料をカットする

玉ねぎはみじん切りに、ワカメは粗みじんにします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180227135657j:plain

 

②日本酒で蒸す

フライパンもしくは鍋に牡蠣、玉ねぎ、ワカメ、日本酒を入れて強火で沸騰させます。

入れるんですよ!まだ飲んじゃダメですからね!(笑)

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180227135806j:plain

沸騰したら弱火にして蓋をし、2分蒸し焼きにします。

 

③クリームを入れて仕上げる

2分たったら、蓋を開けて生クリームを入れます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180227135827j:plain

半分にカットしたミニトマトを入れて、ひと煮立ちさせます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180227135844j:plain

味見をし、塩、ブラックペッパーで味付けをして、少し濃度が出てきたら完成です。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180227135402j:plain

 

 

『牡蠣のクリーム煮』のポイント 

 火を入れすぎない

です。

牡蠣は煮込みすぎると縮こまってしまったり、硬くなってしまいます。

加熱用なのでしっかり火は入れないといけませんが、入れすぎないよう注意しましょう!

ちょうどいい火の入り具合だとふっくらと仕上がります。

 

 

食べてみましょう

それでは恒例の実食!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228093759j:plain
 

クリーミーで牡蠣がより濃厚に感じる。ワカメの風味が磯の香りを引き立てうまい!しっかりとした日本酒に合う!

でした(笑)

ちなみにミニトマト(トマト)を入れる理由は、少し酸味が欲しかったからです。

レモンだと酸味が強すぎるというのと、色味が欲しかったのでミニトマトにしました。

 

日本酒にしようプロジェクト

今回のおつまみに合わせたのは、こちらの『トゥモロー』という日本酒です。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180227135348j:plain

岩手県大船渡市の酔仙酒造で作られています。

東日本大震災から、奇跡の復活を遂げた蔵元です。

そんな魂のこもった『トゥモロー』は味が力強く、しぼりたてでフレッシュな香りが楽しめます。

旨味がしっかりしていて、とても濃厚な日本酒です。

お酒に負けず味を引き立てることができる、コクのあるおつまみがピッタリ!

今回の料理は、そんな岩手の特産で合わせられたらなと思いました。

今が旬で、岩手では豊富に獲れる牡蠣と、岩手が漁獲高全国一位であるワカメが使ったレシピとなりました。

(※レシピで使っているワカメは岩手産ですが、今回は岩手の牡蠣が見つからず広島産を使っています。) 

 

「日本酒を飲んでその土地を旅する」

その土地の特産品と地酒の組み合わせこそ、最高に贅沢で至極の晩酌だと思います。

その地方をイメージしながらいただく一杯は、また格別です。

なんでも、「日本酒にしようプロジェクト」で取り扱っている日本酒は、通常の酒販店等では一切取り扱いがないとのこと。 

普段味わえない特別な日本酒を味わいたいという方は、ぜひこちらの日本酒にしようプロジェクトのページをご覧ください。

 

ただ今読者募集中です。

よければポチっとお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

おなかすいた〜

 

👍オススメ記事はこちら 

www.gakkyludique.com

 

 

👍おすすめ厳選記事はこちら
🍴人気のレシピはこちら