Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

自宅がレストランに大変身?!

本格フレンチをもっと身近に!


スポンサードリンク
種類3

食欲がない時も完食しちゃう『タコミンチのトマトソースパスタ』のレシピ


スポンサードリンク

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180523165020j:image 

タコの旨味を味わいたい。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180518142102j:plain

出張料理人のガッキーです。

 

少し前に、こちらのレシピで

www.gakkyludique.com

エビミンチのトマトソースパスタを作りました。

その中で、タコのミンチのパスタも美味しいとご紹介しました。

なので、今回は『タコミンチのパスタ』を紹介していきたいと思います。

 

タコ+トマトは旨味成分が豊富

タコには、アスパラギン酸やグルタミン酸などのアミノ酸が多く含まれています。

この成分は旨味の元となります。

さらにトマトにもアスパラギン酸やグルタミン酸が含まれているので、より味に深みが出ます。

さらにタコをミンチにすることで、より旨味を感じやすくしております。

つまり、これから夏バテしたときや、そのほか食欲不振なときにもペロリと完食してしまうパスタレシピとなっております。

 

「いつものパスタソースに飽きた!」

「お肉以外に簡単で美味しいパスタないの?」

というアナタには、特にオススメです!

 

それでは早速作っていきましょう!

 

『タコミンチのトマトソースパスタ』のレシピ

 

材料(2人前)

茹でタコ  200〜250グラム

カットトマト缶 1缶

スパゲティ  200グラム

にんにく  1かけら

万願寺ししとう(ししとうでも代用可)  3本 

オリーブオイル  少々

塩、ブラックペッパー  少々

黒オリーブ  あればお好みで

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180523165048j:image

 

作り方

実は今回、パスタは手打ちのものを使っています。

普通のスパゲティでも大丈夫なんですが、もちもち感を味わいたいという方は手打ちのパスタがおすすめです。

近日中に手打ちパスタの記事は公開しますので、少々お待ちください。

 

 

通常のスパゲティで茹でる場合は、

パスタを茹でる用のお湯は先に沸かしておきましょう!

パスタの塩は必ず入れましょう!

水の量に対して1%(3リットルなら30グラムの塩)の塩を入れます。

もし計るのめんどくさいという方は、スープとして飲める濃さにしてください。

茹で汁の味が8割そのパスタの味になります。

 

また、黒オリーブはなくても大丈夫なんですが、トマトとタコと黒オリーブは非常に相性がいいのでおすすめです。

 

① 材料をカットする。

にんにくはみじん切りにします。

ししとうは斜めに1センチにカットします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180523165124j:image 

 

②タコをミンチにする

タコをミンチにします。

包丁でひたすら叩いてもミンチになるんですが、時間がかかります。

そんな時は、フードプロセッサーがあると便利です。

一瞬でこのように

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180523165110j:plain

きれいなミンチになります。

他にも、玉ねぎのみじん切りやハンバーグ作りなど、あらゆる場面で活躍してくれるので、フードプロセッサーはとても凡用性が高くオススメです。

 

タコは、細かすぎず荒すぎない程度にミンチ状にします。

 

③ソースを作る

フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて弱火で熱します。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180523165140j:plain

にんにくから香ばしい香りがしてきて、少しきつね色になってきたら、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180523165154j:plain

タコを入れて中火で炒めます。

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180523165211j:plain

30秒ほど炒め、タコからいい香りがしてきたら、トマト缶を入れます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180523165231j:plain

強火にし沸騰したら、ししとうを入れます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180523165027j:plain

パスタの茹で汁をお玉で2杯ほど入れて、弱火にします。

 

④仕上げる

パスタを茹でてます。

手打ちで作った場合は2〜3分ほどで茹で上がるので、ソースができてから茹で始めましょう。

 

通常のスパゲティを使う場合は、ソースを作り始めた頃に茹で始めるとちょうどいいタイミングで茹で上がります。

スパゲティの場合は、パッケージに表記してある茹で時間からマイナス2分の時間を目安に茹でましょう。

 

マイナス2分の理由は、フライパンで仕上げる時間もゆで時間と換算するからです。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180523164634j:plain

パスタが茹で上がったら、ザルにあけてソースと絡めていきます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180523165315j:plain

オリーブ、パセリのみじん切りがあれば入れます。

水分をしっかり飛ばし、パスタにソースを絡めたら味見をし、塩、ブラックペッパーで調整します。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180523165020j:plain

盛り付けて完成です!

 

 

『タコミンチのトマトソースパスタ』のポイント 

 ソースをしっかり煮詰め、パスタに絡ませる

です。

タコとトマトからしっかりと旨味が出ているので、しっかり煮詰め、パスタにソースを絡めましょう。

 

だったらパスタと絡める前になぜ煮詰めておかないのか?

パスタはゆで上がった後も、水分を吸います。

ある程度ソースの味と水分をパスタに吸わせてあげたいので、前もって煮詰めません。

パスタが茹で上がってから、パスタにソースを吸わせつつ、水分も飛ばします。

 

 

食べてみましょう

それでは恒例の実食!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180518142102j:plain
 

タコの香りがたまらない。口の中に広がって逃げ場のなくなった香りが、鼻から抜けていく。旨味をトマトの酸味が引き締めてくれて美味しい。

でした!

 

できてすぐ食べないとタコの香り、スタコラサッサと逃げてしまうよ!』

 

 

いかがでしたか?

 

 

タコを使ったパスタはいろいろありますが、

一番旨味を感じるのはやっぱりミンチにした状態です。

この香り、うまさをみなさん一度味わって見て欲しい!と思っております。

 

ぜひ『タコミンチのトマトソースパスタ』作って見てください。

 

ただ今読者募集中です。

↓↓↓↓

↑↑↑↑

よければポチっとお願いします。

 

 

ガッキーおすすめのパスタはこちらの『バリラ』のパスタです。

小麦の味がしっかりしていて、もちもちで美味しいです。

 

👍オススメ記事はこちら

www.gakkyludique.com

 

 

👍おすすめ厳選記事はこちら
🍴人気のレシピはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました!