Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

フレンチシェフガッキーによる料理ブログ!フランス語のLudique(遊び心)を食卓に!楽しく料理をお伝えする【ダジャレシピ】と時々【ガッキーの雑記】ブログです。

夏休みはゆったり我が家で本格フレンチ

出張料理の詳細はこちら
↑↑自宅でガッキーの料理が楽しめる!↑↑

今さら聞けない「トマトの湯むき」ひょっとして十字に切り込み入れてません?


スポンサードリンク

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224322j:plain

トマトの湯むきの新常識?!

どうもガッキーです

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160906165631p:plain

 散々、トマトのレシピを紹介してきましたが、トマトの基本的なことを今回は写真多めで解説していきたいと思います。

それは『トマトの湯むき』です。

 

まさかトマトの湯むきする時、こうやって

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512223903j:plain

十字に切り込みいれてませんか?

 

『それ必要ありませんから!!!』

 

そうなんです。

実はこの十字の切り込みいれなくても湯むきできるんですよ〜。 

今回はそのトマトの湯むきを解説しつつ、めんつゆオレンジジュース使った『トマトを漬け込むだけ』で作るれる簡単なレシピを2つご紹介いたします!

 

それでは 早速作っていきましょう!

 

 

今さら聞けない『トマトの湯むき』

 

材料

トマト

ミニトマト

たっぷりなお湯

氷水

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512223844j:plain

 

作り方

たっぷりのお湯と氷水、アミを用意しておきましょう!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224055j:plain

 

 

①ヘタをとる

十字に切り込みを入れずに、ヘタを包丁でとりましょう!

湯むきの前の下準備はこれだけでオッケイなんです。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224019j:plain

むしろ十字に切り込みを入れると、キレイな表面にキズがつくので美しくありません。

トマトの詰め物を作る時など、盛り付けた時そのキズが目立ってしまいます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224032j:plain

それに湯むきするトマトの数が多いとヘタをとって十字に切り込みをいれていたら時間がかかってしまいます。

二度手間を省くためにも十字に切り込みはやめましょう。

 

②湯むきをする

お湯がしっかり沸騰しているのを確認したら、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224046j:plain

トマトをゆっくり投入。

上下がどっちになっていてもかまいませんが、トマトがしっかるつかるくらいたっぷりのお湯で湯むきしましょう!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224119j:plain

10〜15秒(慌てなくても大丈夫ですがゆっくりもダメ笑)したら、皮が少しめくれてきます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224127j:plain

すぐに氷水にいれて粗熱をとりましょう。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224141j:plain

あとはつるっとむくだけで簡単にトマトの湯むき完了です!

トマトの湯むき

 

ミニトマトの湯むきも同様のやり方です

トマト同様ミニトマトも切り込みをいれなくても湯むきできます。

 

①ヘタをとる

ミニトマトは包丁ではなく、手でヘタをとりましょう。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224222j:plain

下準備はこれだけです。

 

②湯むきをする

あとは沸騰しているところにいれて10秒ほどで引き上げ、氷水にいれます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224229j:plain

すぐに粗熱をとりましょう。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224239j:plain

あとはつるっとむくだけ。

すでにむけてるミニトマトは簡単です。

中には皮がむけてないミニトマトもあるので、少し爪を立ててヘタのついていたところからむいてみましょう!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224246j:plain

思っている以上に簡単にむけます。

 

このように切り込みは入りません!

今まで十字に切り込みをいれていた人は

『ちょっトマト(と待と)うぉっ!』

 

ヘタをとるだけで簡単に湯むきできちゃうので、これからは切り込みを入れるのをやめましょう。

 

 

『トマトの湯むき』のポイント 

 すぐに氷水に入れる

です。

すぐに氷水にいれて粗熱をとりましょう!

余熱でどんどんトマトに火が入って表面がぐちょぐちょになってしまいます。

特にミニトマトは表面どころか丸ごとぐちゃぐちゃになってしまうので注意が必要です。

またお湯にいれてから氷水を用意していては間に合いません。

必ず氷水を鍋の横に用意してからトマトをお湯にいれましょう!

 

 

それでは、この湯むきしたトマトを使って超簡単なレシピを紹介します。

 

トマト漬け

夏バテで食欲ない時や、おつまみにおすすめなレシピです。

冷やしトマトの上位互換のような美味しさです。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224322j:plain

材料(二人前)

トマト 2個

4倍濃縮本つゆ  80cc

水     320cc

 

作り方

トマトは湯むきしておきましょう!

今回使用した本つゆはこちらのキッコーマンの4倍濃縮タイプを使用しました。

 

①漬け込みダレを作る

鍋に水と本つゆをいれて沸騰させて冷ましましょう。

 

②トマトを漬け込む

あとはタッパーか何かにトマト、タレをいれて

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224156j:plain

キッチンペーパーをかぶせてタレがトマト全体に馴染むようにしましょう。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224234j:plain

 

③冷蔵庫で半日以上漬け込む

あとは冷蔵庫で半日以上漬け込み、キンキンに冷えた状態で、ゴマやミョウガなどを飾って完成です。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224322j:plain

冷やしトマトとはまた違う味わになっていてます。

 

そして今日はもう一つミニトマトを使った簡単なレシピも紹介します。

 

ミニトマトのオレンジジュースマリネ

こちらのミニトマトをオレンジジュースだけで漬け込むだけのレシピですが、普段活動している

『出張料理』

で大人気のレシピです。

特にお子様に大人気なのでぜひ作って欲しいレシピですね。

 

材料

ミニトマト  1パック

100%オレンジジュース ひたひたにつかるくらい。

 

作り方 

こちらもミニトマトは湯むきしておきましょう。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224246j:plain

湯むきすることによって染み込みやすくなります。

 

①漬け込む

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224303j:plain

工程も何も湯むきして、ミニトマトをいれてオレンジジュースをひたひたに入れるだけです(笑)

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224308j:plain

あとは冷蔵庫で半日以上マリネしましょう!

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224314j:plain

夏のお子様のおやつや、さっぱりしたお口直しにぴったりです。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170512224328j:plain

 

 

 

食べてみましょう

それでは恒例の実食!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228093759j:plain
 

トマト漬けは冷やしトマトよりうまい!トマトの旨味が本つゆによって増してて美味しい!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228093759j:plain
 

ミニトマトのオレンジジュースマリネは、ミニトマトがフルーティーになっていてうまい!お口さっぱり!

でした(笑)

 

いかがでしたか?

トマトの湯むきって少しめんどくさいかもしれません。

しかし十字に切り込みを入れなくていいし、甘みが増します。

そして何かで漬け込む時に味が染み込みやすいので、ぜひ『トマトの湯むき』してみてはいかがでしょうか?

本つゆやオレンジジュースで作る簡単なレシピ、こちらもぜひ試してみてください。

 

 

トマト大好きなのでこちらのレシピもよく読まれています!

🍅合わせて読みたいトマトレシピ集

トマト料理(ガッキーの得意料理) 

 

ただ今読者募集中です。

↓↓↓↓

↑↑↑↑

よければポチっとお願いします。

 

 

 

👍気になる出張料理の詳細はこちらから 

www.gakkyludique.com

 

 

☆お知らせコーナー
👍おすすめ厳選記事はこちら
🍴人気のレシピはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました!

おなかすいた〜


当サイト(シェフガッキーの料理ブログ)はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 このプログラムにより第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、サイトの訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したりこれを認識したりする場合があります。
■プライバシーポリシーはこちら■