Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

\自宅がレストランに大変身?!/

出張料理の詳細はこちら
本格フレンチをもっと身近に!

【常備菜にもなる簡単レシピ】プロが伝授「ピペラード」のレシピ


スポンサードリンク

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160722223353j:plain

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180518142102j:plain
 

出張料理人のガッキーです。

 

>>>出張料理とは?詳細はこちら

 

スーパーに行ったら、パプリカが安かったので買っちゃいました!

「そうだ!ピペラード作ろう!」

ということで今回はピペラードを紹介します!

 

では、早速作り方にいきたいと思います!

 

え?

ピペラードって何?

 

ってなりますよね!

ご説明いたします!

 

ピペラードとは?

語源はbiperra(バスク語でトウガラシという意味)からきています。

フランスのピレネー山脈近くのバスク地方の郷土料理です。

スペインの国境にも近いので、スペインっぽさも少しありますね。

エスプレットというトウガラシを使い、生ハムを入れて野菜をトマトで煮込んだ料理です。

少しピリ辛くしますが、最後に卵を入れてまろやかにもします。

 

ラタトゥイユに似てますね!

 

www.gakkyludique.com

 

 

 

 

でも食べてみると、ラタトゥイユとはまた全然違う美味しさがあります。

 

それでは、早速作ってみましょう!

エスプレット唐辛子はなかなか手に入らないので、普通の唐辛子を代用します!

 

パプリカ料理「ピペラード」の作り方

■材料(2人前)

トマト  1個

玉ねぎ  1/2個

赤パプリカ  1/2個

黄パプリカ  1/2個

ピーマン  4個

生ハム   40グラム

ニンニク  1片

卵   1個

トウガラシ  1本

塩、コショウ、オリーブオイル 少々

 f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160722223436j:plain

 

パプリカ料理「ピペラード」の作り方

①材料を切る

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160722223513j:plain

パプリカ、ピーマンは、種を取り、棒状にカットします。

生ハムはざく切りにして、玉ねぎは5ミリほどのスライスにします。

トマトは小さめの角切りにします。

(トマトは煮崩れてしまうので、形は気にしなくて大丈夫です!)

 ②炒める

弱火で温めたナベに、オリーブオイルと少し潰したニンニク、トウガラシを入れます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160722223605j:plain

このように少しフツフツして、軽く色づいて香りがでてきたら、弱火のまま生ハムを入れます。 

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160722223651j:plain

 生ハムを弱火で炒め、オリーブに香りを移していきます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160722223733j:plain

 少し生ハムが白くなってきたら、玉ねぎを入れて塩・コショウをします。

強火にして炒めていきます。

今回は食感を残したいので、シュエはしません。

 

▼シュエって何?と気になる方へ!

 

www.gakkyludique.com

 


 

玉ねぎが少ししんなりしてきたら、パプリカをいれます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160722223840j:plain

 塩・コショウをしてさっと炒めたら、角切りにしたパプリカをいれます。

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160722223925j:plain

水分が出てくると思うので、この水分を使い5分程軽く煮込みます。

 

塩・コショウで味を整えたら、 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160722224008j:plain

 沸騰しているところに、溶き卵をまわし入れます。

卵をいれたらすぐ火を切り、余熱で火をいれます。

 

盛り付けたら完成です!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160722223353j:plain

 

 

「ピペラード」のポイントは?

トウガラシで辛くして、卵でマイルドにする

です!

 

オリーブオイルで、弱火でゆっくりトウガラシを炒め、辛くしましょう!

慌てて、強火でやっては辛くなりません。

焦らず作りましょう!

 

また、卵は火を入れすぎると固くなります。

卵を入れたら火をとめて、余熱で火を入れてふんわり仕上げましょう!

そうすることにより、食べた直後口の中で辛さがすぐにきますが、卵がマイルドにしてくれ、がんがん食べれちゃいます!

 

 

今回は食感を残しましたが、シュエをして柔らかくしても大丈夫です!

シュエってなに?ってなった方はこちらを↓

 

www.gakkyludique.com

 

 

 

 

それでは恒例の実食!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180518142102j:plain



 

卵が入っているおかげで、ちょうどいい辛味!ごはんが進むし、これはおつまみにも合いそうだ!

 

 

いかがでしたか?

今回ご紹介した「ピペラード」、最近ではバルでよく見かけるようになってきました。

みなさんも是非作ってみて下さいね!

 

 

おかげさまで読者様500人突破!(2018.7現在)

ただ今読者募集中です。

↓↓↓↓

↑↑↑↑

よければポチっとお願いします。

  

 

👍おすすめ厳選記事はこちら
🍴人気のレシピはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました!


スポンサードリンク