Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

自宅がレストランに大変身!

本格フレンチをもっと身近に!

夏にぴったり!さっぱりレシピ【塩レモンジュレ】の作り方。

この記事をシェアする

「まだまだ暑いそんな日に」

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20200820164543j:plain

 

 

 

 


 

出張料理人のガッキーです。

 

>>出張料理の詳細はこちら

 

まだまだ暑いですね。

こうも暑いと、さっぱりしたものが食べたくなります。

食欲も落ちて、さらっと食べれるのがいいですよね。

 

本日ご紹介するレシピは、そんな冷たくてさっぱりとしている

「鶏肉の塩レモンジュレ」の作り方です。

 

 早速作り方にいきたいと思います。 

 

 

 

 

 

「鶏肉の塩レモンジュレ」の作り方

 

材料(2人前)

 

鶏もも肉  1枚

レモン  1/2個

水   300ml

板ゼラチン  3枚

ミョウガ  1本

人参  1/2本

青味(今回はインゲン)5〜6本

細ネギ  1束

生姜  10g 

大葉  5枚

塩  5g

ミニトマト  3個〜5個

 

 

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20200820164517j:plain

作り方

 今回はインゲンを使っていますが、青味はオクラやブロッコリーでも代用できます。

 

①材料をカットする

 

鶏ももは1センチ角の角切りにします。

人参は5ミリの角切りに、インゲンは5ミリ幅にカットします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20200820164521j:plain

生姜は千切り、ミョウガは薄切り、細ネギは小口にカットします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20200820164504j:plain

ミニトマトは4等分にカットします。

 

ゼラチンは氷水で柔らかくしておきます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20200820164508j:plain

 

② 火を入れる

 フライパンに、水、鶏肉、人参、インゲン、塩を入れて沸騰させます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20200820164526j:plain

 

沸騰したら生姜を入れて弱火にし、5分ほど茹で、アクを取ります。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20200820164529j:plain

鶏肉に火を通します。

 

鶏肉に火が入ったら、火を止めて 

レモンを絞り、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20200820164510j:plain

 

ゼラチンを入れて混ぜて溶かします。

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20200820164514j:plain

ゼラチンが解けたら荒熱を取り、冷蔵庫でゼラチンが固まるまで冷やします。

 

 

③盛り付ける

 

少し深さのある皿に盛り、薬味をのせたら完成です。 

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20200820164532j:plain

 

「鶏肉の塩レモンジュレ」の作り方ポイント

ゼラチン・レモンを入れたら火をきる!

ゼラチンは沸騰させすぎると、固まる力が弱くなってしまいます。

レモンも風味や酸味が飛んでしまうので、ゼラチン、レモンを入れたら火を止めましょう! 

 

 

食べてみましょう

それでは恒例の実食!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180518142102j:plain
 

しっかり冷えていて、レモンの風味でさっぱりしてて美味しい!暑さも吹っ飛ぶ!

 

 

 

まとめ

 

 

作ってから、冷えて固まるまで待ち遠しいですが、手間はそんなに掛かりません。

切って煮込んで固めるだけです。

 

まだまだ暑い日が続いてますので

ぜひ「鶏肉の塩レモンジュレ」作ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

ただ今読者募集中です。

よければポチっとお願いします。

🔻おすすめ記事はこちら


 

www.gakkyludique.com