Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

フレンチシェフガッキーによる料理ブログ!フランス語のLudique(遊び心)を食卓に!楽しく料理をお伝えする【ダジャレシピ】と時々【ガッキーの雑記】ブログです。

自宅でガッキーの料理が楽しめる!

出張料理の詳細はこちら
↑↑6月中のご予約で特典あり↑↑

世界一おいしいプロの『クルトン』の作り方!簡単レシピを公開!


スポンサードリンク

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170112114017j:plain

 

どうもガッキーです

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160906165631p:plain

せっかくおいしいスープや、シーザーサラダを作ったのに、なんかトッピングがイマイチ‥。

それってめちゃめちゃテンション下がりますよね!

おいしい料理ができたら、トッピングにもこだわりたいもの!

スープやサラダに使いたいトッピング!

それは『クルトン』ですよね!

市販のクルトンは、お手軽ですが高くつきます。

自家製で作った方が、安くしかもおいしく作ることができます!

おいしいスープやサラダを作ったなら、クルトンも世界一おいしいくらいのを作ってトッピングしたいものです!

 

クルトンって何?

作り方に行く前にクルトンってそもそも何?

パンをサイコロ状にカットし、焼く、揚げるなどして、もう一度火を入れたもの。

語源はフランス語のcroute(クルート)パンの外側が固いという所からきています。

ちなみにラスクは焼き菓子を示すことが多いです。

軽く豆知識も理解した所で、

早速クルトン作っていきましょう!

 

 

世界一おいしい『クルトン』の作り方

パンは乾燥したものでも、新しいものでも大丈夫です。

今回は新しいもので作りました。

 

材料

材料(スープで6人前くらい)

食パン6〜8枚切り  1枚

サラダ油  50cc

バター少々

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170112114032j:plain 

作り方

食パンは前もって冷凍庫に入れておきましょう!

 

①食パンを冷凍する

まずは食パンを冷凍させます!え?冷凍?そうなんです!

まず食パンを冷凍させてください。最低でも30分は冷凍させます。

なぜ冷凍させるかと言うと、キレイに切れるからなんです。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170112114045j:plain

冷凍せずに切ると、クルトンの角が潰れてしまいます。

美しくないだけで美味しさも半減。

キレイなサイコロ状にカットしましょう。

 

②食パンをカットする

冷凍したら、サイコロ状になるように、厚さと同じ幅でカットします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170112114104j:plain

凍っているうちに手早くカットしましょう!

 

③炒める

カットできたら、フライパンに油を入れて中火で熱します。

少し油が多いように思いますが、均等に焼き色をつけるために多めに入れます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170112114121j:plain

食パンを一つ入れて、少しふつふつ泡が出るくらいの温度になったら、全部入れます。

そしたら、弱火にし、木ベラなどで混ぜながら炒めていきます。

混ぜるとき木ベラでパンを潰さないように注意してください。

※油を吸った時に少し潰れますが、焼けてくると膨らんで元に戻ります。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170112114141j:plain

ある程度油がパンに行き渡り、表面がカリカリしてきたら、余分な油はこのように出てきます!安心してください!

そして少しキツネ色になってきたら、バターを入れます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170112114158j:plain

バターはなくても構いませんが、入れることで風味がぐっと良くなります。

さらに炒めて、やや薄いかな?ってくらいで平らなバットなどに、キッチンペーパーを敷いてそこに移します。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170112114219j:plain

しっかり油を切りましょう!

少し薄いかな?って思うくらいであげる理由は、余熱でも火が入るからなんです!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170112114232j:plain

粗熱が取れれば完成です!

 

世界一おいしい『クルトン』のポイント 

  • 多めの油で焼く!

です。

油が少ないと、クルトンに焼きムラが出て、この面はキツネ色なのに、こっちの面は白いってことが出てきます。油は多めに入れて、熱が均等に入るようにしましょう。

そしてもうひとつ!

  • 余熱も考える!

です。

フライパンから取り出した後も、油はまだ高温のままなので、その熱でさらに焼き色がつきます。

なので少し薄い焼き色の段階で取り出しましょう!

 

クルトンアレンジ 

さらに、この基本のクルトンを作れるようになれば、簡単にアレンジできるようになります。

  • ニンニクを入れて、ガーリック風味のクルトン
  • パセリなどのハーブを入れてハーブクルトン
  • 砂糖をふりかけて少し甘くしたクルトン
  • スパイスをふりかけてスパイシーにしたクルトン

など、いろいろアレンジできます。

 

食べてみましょう

それでは恒例の実食!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228093759j:plain
 

サクサクしておいしい!!スープにいいアクセント!

 

でした(笑)

いかがでしたか?

クルトンもおいしくできれば、料理がさらにおいしくなること間違いなしです!

是非『世界一おいしいクルトン』作ってみてください!

 

ただ今読者募集中です

↓↓↓↓

↑↑↑↑

よければポチっとお願いします。

 

?オススメ記事はこちら 

www.gakkyludique.com 

www.gakkyludique.com

www.gakkyludique.com

 

⭐️よく読まれているレシピはこちら

 

?オススメ記事一覧

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

おなかすいた〜


当サイト(シェフガッキーの料理ブログ)はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 このプログラムにより第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、サイトの訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したりこれを認識したりする場合があります。
■プライバシーポリシーはこちら■