Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

【今すぐ試したい】プロが作る「ガスパチョレシピ」

この記事をシェアする

▼僕がオーナーを務めるカフェで働きませんか?
ホールスタッフを募集しています。
f:id:maido-doumo-naoyadesu:20220415124213p:plain
スポンサードリンク

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160611165204j:plain

夏の野菜を使ったガスパチョレシピ

出張料理人・缶詰料理王のシェフガッキーです。
今日は冷たいスープを作っていきたいと思います。
『夏の野菜を使ったガスパチョレシピ』  
 
冷たいスープは過去の記事でも紹介しています。
ビシソワーズはこちら
みなさん、夏は好きですか?
僕は好きなんですが、中には嫌いな方もいます。
なんで嫌いか聞くと、『暑いから』
と答えられます。
でもでも、楽しい事もいっぱいあるんです。
BBQ、花火、海、プール、キャンプ、夏休み、かき氷、などなど。
 
でも、こんな楽しいことがあるけど、暑いから嫌って人のために、
少しでも涼しく、過ごしやすい夏にしたいと思い今回この料理を紹介します!
 

夏の野菜を使ったガスパチョとは?

そもそもガスパチョってなによ?ですよね。

まずガスパチョはスペイン料理です。

スペインのアンダルシア料理で、トマトベースの冷たいスープです。

食べるスープなんて言われることも。

ミキサーにかけてスープにするんですが、本場の通の間では、

ピューレ状にせず、角切りのスープで食べることもあるみたいです。

(実際見たことないので分かりませんが)

語源はラテン語の『caspa カスパ』・・・・・・かけら、断片とも

  ヘブライ語の『gazaz ガザズ』・・・・・・ばらばらにちぎるとも言われています。

まあこの辺は難しいので、かるーーーく見るくらいで大丈夫です(笑)

 

夏に夏の野菜をとるメリット

夏はよく汗をかいたりします。水分補給はかなり重要です。

しかし、ただ単に水をのめばいいか?というとそうではありませんね。

一緒に必要な栄養素もとらないといけません。

夏野菜にはそんな失われた栄養素をとりつつ、水分をとれるというメリットがあります。

そして、体のほてった熱を冷ましてくれたり、暑さに疲れた体を回復させる効果も期待できます。

しかし、デメリットというか、取りすぎると、今度は体を冷やし過ぎてしまいます。

どんなものも適度に食べましょう。

 

ガスパチョなら夏の野菜を効率よくとれる

しかし、いろんな野菜を食べようとすると、かなり量が多くなってしまいます。

でも、スープにすれば、いろんな野菜を一度で摂ることがことができます。

 

そして、今回オリーブオイル、お酢を使ってます。

オリーブオイル、お酢は、更に夏の野菜効果も高めてくれるみたいです。

こりゃー作らないわけにはいきませんね。

ではでは早速作り方に行きましょう!

 

 

夏の野菜を使ったガスパチョ作り方

■材料(3人前)

トマト  1個

スイカ  100グラム

きゅうり  2本

パプリカ  各1/2個

大葉  2枚

にんにく  1かけら

オリーブオイル  100cc

塩    5グラム

黒こしょう  少々

白ワインヴィネガー  25cc

 

①夏の野菜を切る!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160611165204j:plain

野菜をキレイに洗って、上の写真のように、適当に切るんですが、

ミキサーに入れる時に、ピューレ状になりやすいように、

大きすぎなければオッケイです。

スイカはなければなくても大丈夫です。

スープの甘みを出すのに今回はたまたま家にあったので使っただけです。

 

②夏の野菜をマリネする。

切った野菜をオリーブオイル、塩、コショウ、ヴィネガーでマリネしていきます。

しかっりと混ぜて、全体に馴染ませてくださいね。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160611165311j:plain

この状態で1~2時間ほどラップして冷蔵庫で休ませます。

すると↓ 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160611165411j:plain

 このように水分が出てきます。

 

③ミキサーにかけて、味を調える!!!

この水分も使い、ミキサーにかけて、ピューレ状にしていきます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160611165547j:plain

 すべてミキサーにかけれたら、塩こしょうで味を調えます。

ぼくは塩コショウで最後調節せずに美味しくできましたが、野菜によって水分量も違うので、必ず味見をして整えましょう。

そしたら完成です。

今回は大葉を使ったので大葉をトッピング。

大葉じゃなく、バジルでもオッケイです。

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160611165634j:plain

 ぼくもホントはバジルがよかったんですが、

『近くのスーパーに無かったんだよ(笑)バジルが!』

前も牛肉の赤ワイン煮込みで、ばら肉のブロックを買おうとして近くのスーパーに行ったらなかったことがあったからなあああ(笑)

ちゃんと下調べしよう。 

www.gakkyludique.com

 ↑近くのスーパーにばら肉がなかった話はこちら

 

 

 

 

 

夏の野菜を使った冷たいスープガスパチョレシピのポイントは?

しっかりマリネする!

です。

マリネしたら焦ってはいけません。塩をして水分を出し、

その水分でミキサーにかけましょう。

そして今回反省が・・・・・

どうしても色が悪かったので、

次回作る時はトマトジュースを入れてみようかなと思いました。もうちょっと赤い方が食欲ましますよね!

 

 

と反省しながらも

恒例の実食

『さっぱりうまい』

 

 

 

ガスパチョまとめ

夏が苦手な方、ガスパチョを飲んで少しでも過ごしやすい夏にできれば最高です。

暑さ厳しいですが、よく食べて夏を乗り切りましょう!

ぜひ「ガスパチョ」試してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

ただ今読者募集中です。

↓↓↓↓

↑↑↑↑

よければポチっとお願いします。

  

 

www.gakkyludique.com

 

www.gakkyludique.com

 

暑い時にシュワシュワはかかせません。

www.gakkyludique.com

 


©2016-2022 Ludique