Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

自宅がレストランに大変身?!

本格フレンチをもっと身近に!


スポンサードリンク
種類3

【フレンチシェフのレシピ】鶏もも肉で作るプロの「チキンソテー」の作り方


スポンサードリンク

 f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170823154532j:plain

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180518142102j:plain
 

出張料理人のガッキーです。

 

>>>出張料理とは?詳細はこちら

 

今回はピリッと辛い、小悪魔な料理をご紹介いたします。

名前は『チキンソテー ディアブル風』です。

 

ディアブルとは、悪魔風。

怖そうな料理名ですが、めちゃくちゃおいしい料理です!

 

 

 

チキンソテー「ディアブル風」とは?

フランス語でdiableは悪魔という意味があります。

この料理の由来は諸説あります。

  • 鶏を開いた形がマントを広げた悪魔に見える。
  • スパイシーな調味料を使うので、食べると刺激的な味がするから。

あとは、

  • 『フライパンで焼いてマスタードを塗って、さらに焼くなんてお前は悪魔か!』

と言われたことからつけられた、という話も聞いたことがあります。

 

まあ、こういうのは諸説いろいろありますよね(笑)

ガッキー的に好きなのは最後のお前は悪魔か!ってツッコミから生まれた話ですね。

こういうのを料理名にする、フランス人のネーミングセンスが好きです。

 

 

まあ、名前は『悪魔風』なんてすごい名前ですが、料理は簡単でおいしいです。

 

それでは、早速作っていきましょう!

 

小悪魔料理『チキンのソテーディアブル風』の作り方

 

材料(2人前)

鶏もも肉  2枚

粒マスタード  大さじ1

マスタード  大さじ1

はちみつ  大さじ1

お酢   小さじ1

パン粉  15グラム

ニンニク  1かけら

サラダ油  少々

塩、コショウ  少々

■付け合わせ

ジャガイモ  2個

 

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170823154612j:plain

 

作り方

今回は付け合わせに粉吹き芋を作りましたが、ローストした野菜や、サラダでもすごく合います。

 

合わせて読みたい付け合わせレシピ

  

今回作った粉吹き芋は、僕がレストランで働いていたとき、まかないで困った際作る「付け合わせの救世主」でした(笑)

 

①付け合わせを作る

粉吹き芋を付け合わせに作らない場合、①は飛ばしてください。

ジャガイモはよく洗って皮をむき、一口大にカットします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170823154557j:plain

鍋に水を入れて、塩とジャガイモを入れて塩茹でにします。

沸騰したら、弱火にし、ジャガイモに火を入れていきます。

茹でる時の塩の量は1%の塩分濃度(水1リットルに対し、塩10グラム)で茹でましょう。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170823154609j:plain

串や包丁がすっと入るようになったら、ザルにあけて水を切ります。

 

もう一度鍋に戻したら弱火で水分を1分ほど飛ばし、粉吹き芋にします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170823154726j:plain

これで粉吹き芋は完成です。

 

②鶏肉を焼く

鶏肉を10分ほど常温においたら、両面に塩・コショウをして味付けをします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170823154729j:plain

味付けをしたら、フライパンに小さじ1杯ほどサラダ油を入れて中火で熱します。

フライパンが十分に温まったら、鶏肉を皮面を下にして焼き始めます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170823154721j:plain

しっかりとキレイな焼き色がつくようにあまり触らず、2〜3分はそのまま焼きましょう!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170823154740j:plain

ひっくり返したら、蓋をし、中弱火くらいで3〜5分ほど蒸し焼きにします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170823164824j:plain

(鶏肉の厚さや大きさによって、火の通りは変わってきます。もし不安な場合は、少し切り込みを入れて焼けているかチェックしてみましょう)

 

③ハニーマスタード、パン粉を作る

焼いて待っている間に、パン粉とハニーマスタードを作ります。

ハニーマスタードは、粒マスタード、マスタード、はちみつ、お酢を入れて混ぜるだけです。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170823154618j:plain

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170823154624j:plain

パン粉は、ニンンクをすりおろして、パン粉によく混ぜます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170823154633j:plain

レシピ外なんですが、乾燥パセリや、フレッシュなパセリがあればお好みで入れるのもオススメです!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170823154640j:plain

 

④悪魔的に仕上げる

ヒヒヒヒィィ!

ここからは悪魔的に仕上げるぜ!

 

まるで何かが憑依したかのように仕上げましょう。

マスタードのソースを塗ってヒリヒリさせてやろう!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170823154820j:plain

ヒリヒリしてるところに、すかさず、ニンニクの香りがするパン粉を容赦なくふりかけます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170823154839j:plain

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170823154835j:plain

 

トースターなら1〜2分ほど、オーブンなら200℃で2〜3分ほど焼きましょう。

パン粉がきつね色に焼けたら盛り付けましょう。

 

料理人は自宅でどんな調理器具使ってるの?とたまに聞かれますが、例えばここならオーブンはオーブン機能に長けているこちらを使っています。

 

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170823154532j:plain

先ほどの粉吹き芋を下に、その上にチキンをのせて完成です!

彩りにトマトを飾りましょう!

 

 

小悪魔な『チキンのソテーディアブル風』のポイント 

 フライパンに油を入れすぎない

です。

 

鶏肉の皮面から脂がいっぱい出てくるので、サラダ油は本当に少し入れるだけで大丈夫です。

全く引かないと、鶏肉から油が出るのに少し時間がかかってしまいます。

鶏から脂が出やすくするために、サラダ油を入れています。

逆にサラダ油を入れすぎると、鶏肉の脂と一緒になって、揚げているような感じになってしまいます。

これではカロリーをかなり摂取することになってしまいます。

 

ヘルシーに仕上げるためにも、皮面の脂をしっかり出し切るように焼きましょう。

 

食べてみましょう

それでは恒例の実食!

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180518142102j:plain



 

ソースが刺激的で美味しいから、鶏肉をいつもに増してバクバク食べてしまう!ピリッ!が苦手でなければぜひ試していただきたい!

 

でした(笑)

 

いかがでしたか?

 

作り方としては焼いている時間手が空くので、その間にパン粉やソースを作ってしまえば、手際よく作ることができます。

 

また、はちみつが入っているので、刺激的ではありますが食べやすいので、お子様も喜んで食べていただけると思います。

(1歳未満のお子様には、はちみつはリスクが高い食品です。お子様のお近くでお召し上がりになる際は、十分ご注意ください。)

 

揚げ物よりも簡単にできるので、ぜひ『チキンソテー ディアブル風』作ってみてください!

 

ただ今読者募集中です。

↓↓↓↓

↑↑↑↑

よければポチっとお願いします!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

今回使用したマスタードはこちらです。

マイユのマスタードは、冷蔵庫に常にあります。

バーベキューや、肉料理に外せません!

👍オススメ記事はこちら

 こちらの鶏肉料理も簡単で本格的です!

www.gakkyludique.com

 

 

👍おすすめ厳選記事はこちら
🍴人気のレシピはこちら