Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

フレンチシェフガッキーによる料理ブログ!フランス語のLudique(遊び心)を食卓に!楽しく料理をお伝えする【ダジャレシピ】と時々【ガッキーの雑記】ブログです。

クリスマス・忘年会・新年会は本格フレンチで

出張料理の詳細はこちら
↑↑自宅でガッキーの料理が楽しめる!↑↑

もうアゴが痛いと言わせないバゲットレシピ『カスクルート』の作り方


スポンサードリンク

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20171127205258j:plain

パリジェンヌに憧れて。

 

どうもガッキーです

Gakky Ludique(@naoya83)

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160906165631p:plain

突然ですが、 バゲット(フランスパン)ってアゴ痛くなりますよね。

1本丸ごと、バターだけで食べると味も単調だし、飽きてしまいます。

それを想像してしまうと、バゲットを丸ごと1本買おうなんて思いませんよね。

そんな時におすすめしたいのが『カスクルート』です!

 

カスクルートとは?

フランス語で

Casse-Croute(カスクルート)と書きます。

casseが砕くや粉砕する、割ると言う意味で

crouteがパンの皮。

パンを割ってチーズや、豚肉の加工品、野菜などを挟んだサンドイッチ。

もともとは軽食と言う意味で使われいましたが、一般的にはフランスパンを使ったサンドイッチをカスクルートと呼びます。

ようはサンドイッチのフランスパンバージョンですね。

 

フランスに行った時、この『カスクルート』を食べた時はかなり衝撃的でした。

バゲットって、フレンチのコースとともに出てくるものだと思っていたので、

サンドイッチにして、食べるって考えたこともありませんでした(笑)

ツナマヨやパテ、サーモンマリネなどいろいろバリエーションもありますが、

今回はシンプルなツナマヨネーズのカスクルートをご紹介します。

 

 

 

それでは早速作っていきましょう!

 

 

バゲットレシピ『カスクルート』の作り方

 

材料(2人前)

バゲット  1本

ツナ缶   1缶

マヨネーズ  30グラム

生ハム  8枚

スライスチーズ  2枚

きゅうり  1本

バター   少々

レタス、トマト  あれば

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20171129171307j:plain

 

作り方

僕がフランスで食べたカスクルートで、一番印象に残っているのがツナマヨネーズを使ったものです。

なので、今回はツナマヨを使ったカスクルートとなります。

 

①ツナマヨを作る

ツナ缶の油を捨てて、マヨネーズと混ぜます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20171127205327j:plain

全体に馴染んでくるまでしっかり混ぜます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20171127205331j:plain

 

②材料をカットする

スライスチーズは半分に、きゅうりは斜めに薄切りにカットします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20171127205324j:plain

 

③バゲットを焼く

バゲットをオーブントースターなどで焼いていきます。

焼く前に霧吹きなどで全体を少し濡らすと、外カリッと中しっとりと焼きあがります。

もし霧吹きがない場合は、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20171127205336j:plain

大胆に全体を湿らせましょう!

ただし、濡らしすぎるとグニョグニョになってしまいます。

ささっと水の中をくぐらせるくらいにしましょう!

その後、各トースターで適した時間焼きましょう。

 

④具材を挟み、カスクルートを完成させる

焼きたてのバゲットに横向きで切り込みを入れます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20171127205321j:plain

そこに、バターを塗り、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20171127205313j:plain

ツナマヨネーズを入れて、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20171127205307j:plain

生ハム、チーズ、きゅうりを挟めば完成です。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20171127205301j:plain

コーヒーも入れちゃいましょう!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20171127205258j:plain

 レタスや、トマトがあれば入れてみてください。

  

『バゲットレシピ』カスクルートのポイント 

 バターを塗る

です。

カスクルートやバゲットのサンドに限らず、

普通の食パンで作るサンドイッチを作る場合も、必ずバターを塗るようにしましょう。

なぜバターを塗るかと言うと、

①風味がよくなる

②野菜などの水分がパンにしみるのを防いでくれる

となります。

めんどくさいですが、美味しさが違うのでバターを塗るのをお忘れなく!

 

『焼きたて熱くても、バタバタせず、素早くバターを塗りましょう!』

 

食べてみましょう

それでは恒例の実食!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228093759j:plain
 

ツナマヨと生ハムの塩っけが効いていてうまい!

でした(笑)

いかがでしたか?

 

確かにバゲットはアゴが痛くなりますが、具材などを挟んでいろいろな味を楽しめると、気にならなくなります。

焼いてバターをつけて食べても美味しいですが、『カスクルート』も美味しいのでぜひ試してみてください。

これであなたも、パリジェンヌに近づくはず!?

 

ただ今読者募集中です。

↓↓↓↓

↑↑↑↑

よければポチっとお願いします。

 最後まで読んでいただきありがとうございます。

おなかすいた〜

 

こちらもよければ↓ご覧ください。

 

👍オススメ記事はこちら

フランスパンの次はフレンチトーストのレシピはいかが? 

www.gakkyludique.com

 

 

👍おすすめ厳選記事はこちら
🍴人気のレシピはこちら

当サイト(シェフガッキーの料理ブログ)はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 このプログラムにより第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、サイトの訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したりこれを認識したりする場合があります。
■プライバシーポリシーはこちら■