Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

自宅がレストランに大変身!

本格フレンチをもっと身近に!

スポンサードリンク

▲驚きの低温調理【BONIQ】お家ごはんに革命が起きる

「プロが教える」アサリのパスタレシピ【ボンゴレロッソ】の作り方


スポンサードリンク

「アサリ×トマトの凝縮した味わい。」

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20190411225523j:plain

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180518142102j:plain
 

出張料理人・缶詰料理王のガッキーです。

 

>>出張料理とは?詳細はこちら

 

 

今回は、前回の続編と言いましょうか。

あさりを使ったトマトソースパスタ「ボンゴレロッソ」を作っていきます。

 

▼前回の記事「ボンゴレビアンコ」

www.gakkyludique.com

 

あさりの旨味をシンプルに味わう「ボンゴレビアンコ」を作りました。

今回はそのトマトバージョンです。

 

 

 

ボンゴレロッソとは?

白ワインでアサリなどの二枚貝を蒸して、トマトを加えて作ったパスタのことを言います。

イタリア料理です。

 

イタリア語で

  • ボンゴレ(vongole)→あさり
  • ロッソ (rosso)→赤

という意味があります。

 

「ボンゴレビアンコ」と「ボンゴレロッソ」の違い

ロッソが赤ということは、ビアンコはひょっとして色?

と思った方!

 

大正解!

ビアンコ(bianco)はイタリア語で白を意味します。

  • ボンゴレロッソはトマトソースのアサリパスタ。
  • ボンゴレビアンコはオイルベースで白ワインを使ったアサリのパスタ

を意味しています。

 

ビアンコが白ワインを使っているので、ロッソは赤ワインを使う、というわけではないので注意しましょう。

あくまで、トマトを使い、赤い色のパスタになるということです。 

 

 

それでは今回は「ボンゴレロッソ」です。  

早速作っていきましょう!

 

とっても美味しい「ボンゴレロッソ」の作り方

 

材料(1人前)

あさり   200g〜250g

玉ねぎ   1/2玉

ニンニク  1かけら

白ワイン  100cc

パスタ  100g〜120g

トマト缶  1/2缶

オリーブオイル  少々

塩、ブラックペッパー  少々

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20190411223944j:plain

 

作り方

あさりはよく洗い、砂抜きをしておきましょう。

せっかく美味しいパスタでも、じゃりっとしたらテンション下がります。

パスタを茹でる用のお湯は先に沸かしておきましょう!

パスタの塩は必ず入れましょう!

 

水の量に対して1%(3リットルなら30グラムの塩)の塩を入れます。

もし計るのめんどくさいという方は、スープとして飲める濃さにしてください。

茹で汁の味が8割そのパスタの味になります。

↑パスタ記事にはおそらく毎回書かせていただいていますが、それほど重要なのです。

塩入れなくてもいいでしょ!と思わず、ここで味が決まると思っていただきたいです! 

 

①材料をカットする

ニンニクはみじん切りに、玉ねぎ薄めのスライスにします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20190411223937j:plain

 

②ソースを作る

フライパンにオリーブオイル、ニンニクのみじん切りをいれて弱火で熱します。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20190411225206j:plain

ニンニクが少しきつね色になり、いい香りがしてきたら、玉ねぎをいれます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20190411224034j:plain

玉ねぎがしんなりしてきたら、あさりをいれて強火にします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20190411225242j:plain

白ワインをいれて蓋をして、1〜2分ほどアサリの殻が開くまで蒸し焼きにします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20190411224042j:plain

アサリが開いたら、トマト缶をいれて火を止めます。

 

▼僕が使用したトマト缶はこちら

 

 

③パスタを茹でて仕上げる

ソースと同時進行でパスタも茹でていきます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20190411225356j:plain

パッケージに表記してある茹で時間のマイナス2分茹でます。

(今回のパスタは標準9分なので7分茹でます。)

 

▼もちもち食感がおいしい、オススメのパスタです。

 

最後、フライパンでソースと絡めて仕上げる時間も茹で時間と考えましょう。

茹で上がったら、パスタ、茹で汁をお玉1杯いれて強火で沸騰させます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20190411224050j:plain

しっかりとアサリの旨味が詰まったソースをパスタに絡めていきます。 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20190411225424j:plain

 水分がなくなり、パスタにソースがしっかり絡まったら味見をします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20190411225351j:plain

薄ければ、塩、コショウで調整して盛り付けて完成です。

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20190411225305j:plain

彩りでパセリなどあれば刻んで飾りましょう。

 

「ボンゴレロッソ」のポイント 

 ソースとパスタをしっかり絡める

 

強火でソースを煮詰めながらパスタに絡めていき、しっかりと味を凝縮させます。

水分が多いとスープパスタのようになり、パスタに絡まず薄い味わいになってしまいます。

 

食べてみましょう

それでは恒例の実食!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180518142102j:plain
 

トマトのほどよい酸味と、アサリのうまみがぎゅっと濃くておいしい!

 

 

ボンゴレロッソまとめ

 前回は「ボンゴレビアンコ」のレシピをご紹介しました。

ボンゴレビアンコにトマトを足せば、ボンゴレロッソになります。

トマトの旨味も相まってめちゃくちゃ美味しいです。

 

ぜひ「ボンゴレロッソ」作ってみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

ただ今読者募集中です。

よければポチっとお願いします。

 

 

👍こんなパスタもいかがでしょうか。

www.gakkyludique.com

www.gakkyludique.com

www.gakkyludique.com

 


スポンサードリンク