Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

フレンチシェフガッキーによる料理ブログ!フランス語のLudique(遊び心)を食卓に!楽しく料理をお伝えする【ダジャレシピ】と時々【ガッキーの雑記】ブログです。

クリスマス・忘年会・新年会は本格フレンチで

出張料理の詳細はこちら
↑↑自宅でガッキーの料理が楽しめる!↑↑

破壊力ある【フレンチトースト】の作り方!これがプロの焼き方!


スポンサードリンク

美味しいフレンチトーストが食べたい

フレンチトースト フレンチトースト作り方

どうもガッキーです!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160906165631p:plain

 ちょっと前、フレンチトーストブームでしたね(笑)だいぶ並んでましたね。

やっぱりフレンチトーストは美味しいですよね!

そんなフレンチトースト、フランスでなんて言われているか知ってます??

 

おいしいフレンチトーストは失われたパンと言われている 

こんなに美味しいフレンチトーストなんですが、フランス語でいうと『pain perudu』(パンペルデュ)と言われています。

その意味は

失われたパン

 

う、失われたパンだと??(笑)すごいネーミングだな(笑)こんなに美味しくておしゃれなのに。何が失われてるんだ(笑)

 

どうやら『硬くなって乾燥して本来の味を失ったパンを蘇らせたもの』から来てるみたいです。

こう言う由来をかっこいいなって思ってしまうんですが、みなさんどうですか?(笑)

いやいや!!でもでもやっぱり美味しいから失われてない!!

 

そんな美味しいフレンチトーストを家庭でも食べたくないですか?? 

今回、破壊力抜群の『表面カリカリで中身ふっくらなフレンチトースト』を作ったので紹介していきます!

 

 

破壊力ある【フレンチトースト】の作り方!

手に入る食材でできます!

材料

材料(2人前)

食パン(5枚切り)  2枚

生クリーム  100cc

牛乳   50cc

卵   2個

ラニュー糖  50グラム

バター  少々

サラダ油  少々

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161104191331j:plain

作り方

作り方は普段のフレンチトーストに簡単な一手間を加えるだけです!

①漬け込む液体を作る

ボールに卵、グラニュー糖を入れて混ぜます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161104193033j:plain

しっかり混ぜて、黄色から少し白っぽくなるまで混ぜて、グラニュー糖を溶かします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161104193046j:plain

そしたら、生クリーム、牛乳を入れて混ぜ合わせます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161104193100j:plain

②漬け込む

食パン両面に吸わせます。しっかりつけ込みたい場合は半日ほど。早く食べたい方は10分くらいなじませます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161104193127j:plain

ガッキーは10分で焼き始めました(笑)

 

③焼く、さらに焼く

フライパンを中火で熱し、サラダ油、バターを入れて、バターが泡状になったら、パンを入れます。パンを入れたら弱火にします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161104193141j:plain

じっくり焼いて、こんがり焼き目がついたら、ヒックリ返して、蓋をし、2分ほど蒸し焼きにします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161104193152j:plain

両面こんがり焼き色がついたら、片方に、グラニュー糖を少し振りかけます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161104193201j:plain

これをトースターで焦がさないように、溶かし、さらに焼き色をつけます!!

しっかり焼くとカリカリした食感でます!

そしてアイスクリームや、フルーツとか飾って

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161104193209j:plain

完成です!!!!

 

破壊力ある【フレンチトースト】の作り方のポイントは??

生クリームを入れる

です。生クリーム、なかなか高くて買わないと思いますが、風味、味、リッチな気分が全然違います!入れることをオススメします!!

トースターで最後焼き目をつける

ラニュー糖や砂糖が溶けて、やや焦げると、キャラメル状態になります。そしてこれが少し冷めると、砂糖が固まり、飴のようになります。トーストの表面に薄い飴の膜ができ、これがカリカリとした食感を作ってくれます。

 

そして

焦げやすいので、たまに焦げ目をチェックする

です。バターは、焼き色をつけやすい性質があるので、ほったらかしにすると焦げてしまいます。バターが溶けたら、弱火にし、ゆっくり焼きましょう。

サラダ油を少し入れるのは、バターが焦げにくくするためでもあります。

 

 

食べてみましょう

それでは恒例の実食!!

 

『表面カリカリだけど中身ふっくら!!!うますぎ!!!破壊力やベーーー(笑)』

 

でした(笑)

いかがでしたか??

フレンチトーストで休みの日ゆっくりと優雅な朝食!最高じゃないですか(笑)

 

また、おやつにも最適なので、フルーツやアイスクリームなどを添えて作ってみてください!!

 

 ただ今読者募集中です

↓↓↓↓

 

↑↑↑↑

よければポチっとお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

おなかすいた〜

オススメ記事↓

www.gakkyludique.com 

オススメ記事一覧↓

🍴オススメ人気レシピ カテゴリーの記事一覧 - Ludique blog🍴

🍳卵 カテゴリーの記事一覧 - Ludique blog🍮

🇫🇷ガッキーのフレンチ カテゴリーの記事一覧 - Ludique blog🇫🇷


当サイト(シェフガッキーの料理ブログ)はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 このプログラムにより第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、サイトの訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したりこれを認識したりする場合があります。
■プライバシーポリシーはこちら■