Ludique blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シェフガッキーの料理ブログ!

フレンチシェフガッキーによる料理ブログ!手の込んだ料理から簡単な料理を日々作って更新してます。



◆フランス語のLudique(遊び心)を食卓に!それをモットーにした料理、時々雑記ブログです!◆

教えたくないけど教えます!【焼きそば】はパスタで作った方が美味しい!

ささっと簡単レシピ 豚肉 ビギナーレシピ 麺、パスタ ガッキーの料理レシピ 料理の豆知識

スポンサードリンク

パスタ焼きそば スパゲティ焼きそば

まかないの裏技を紹介します

 

どうもガッキーです 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160906165631p:plain

 

突然ですが、 飲食店には『賄い』があります。

『賄い』は、できる限り安く、余ってるものを使います。

『賄い』用に食材を発注することもありますが、基本はお店にある、余ってる食材を使います。

そんな中、賄いで『焼きそば』を作りたくなったんですが、中華麺が発注できなくて、どーしようって悩んでる時に、『パスタで作ればいい』と思いつきました!

 

『オレ、天才じゃんパスタで焼きそば作るなんて』

って思ってたら、結構飲食で働く人の中では当たり前のようでした(笑)

しかし、一般ではあまり知られてないようなので、パスタで作る『焼きそば』の魅力を今回は紹介します。

 

 

パスタで作る焼きそばのここがいい!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161102135533j:plain

中華麺で作ると、うまく作れればいいんですが、たまに、ぶちぶちにちぎれたり、べちゃべちゃになったり、買いに行かないといけませんよね。

でもパスタならこの中華麺のデメリットなくせるんです。

 

中華麺のメリット、デメリット

  • 買いに行かなければならない。
  • ブツブツにちぎれてしまう。
  • べちょべちょになりやすい。
  • 賞味期限が早い、常備はできない。
  • 安い。
  • 風味がいい。
  • 買ってきてからが早い。
  • 量が調整しにくい

パスタのメリット、デメリット

  • もちもちで美味しい。
  • 切れにくい。
  • のびても美味しい。
  • 乾物なので常備しておける。
  • 茹でる手間はあるが電子レンジで茹でれるのでその手間も省ける。
  • まあまあ安い。
  • 量を調整できる

パスタ、デメリットあるのかな??(笑)

多少、パスタのが高いのかな??ぐらいですが、全然気になりません。

なのでパスタを常備しておくと、ペペロンチーノや普通のパスタ以外にもこうやって『焼きそば』に使えるのでオススメですよ!

 

 

実は似てるパスタと中華麺

もともと、思いついた発端は、中華麺も、パスタも、小麦粉、水、卵、塩が入っているので材料的には同じなんです。

唯一違うのが、中華麺にはかん水と言われる、アルカリ塩水溶液を使っていることです。

なのでこれで代用できるかなって。

もし、本当に中華麺として、パスタを使いたいって時は、ほんの少し重曹を入れて、パスタを茹でましょう。

結構近くなります。

重曹を使う場合は食用のものを使いましょう! 

 

が、そんなことをしなくても、パスタを普通に茹でるだけで、美味しい焼きそばになるので、今回は普通に茹でました!

 

それでは早速作り方に行きたいと思います!!

 

 

教えたくないけど教えます!【焼きそば】パスタの作り方

材料(2人前)

パスタ(スパゲティ)  200グラム

ウスターソース  100cc

焼肉のたれ   少々(隠し味程度)

豚小間肉  150グラム

水菜  2束

人参  1/2本

もやし  1/2パック

ピーマン  2個

和風だし  少々

塩、胡椒  少々

サラダ油  少々

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161102114703j:plain

※隠し味に焼肉のタレを入れると焼きそばが、鉄板焼き屋で食べる焼きそばぐらい美味しくなります。   

作り方 

パスタ以外はごく普通の焼きそばの材料で大丈夫です!

 

①パスタを茹でる

お湯を沸かします。

水3リットルに対し、塩30グラム入れて、沸騰させて、パスタを入れて茹でていきます。

茹で時間はパッケージの裏に記載してある標準時間茹でてください。

茹で上がったら、ザルにあけておきます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161102114802j:plain

焼きそばを作る意気込みで、台所に立ったのに、この時点でおそらく『私、パスタを作り始めた』と錯覚します。

 

②材料をカットする

茹でてる間、暇を持て余すと思うので、時間を有効活用しましょう。

その時間を利用し、材料をカットします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161102105029j:plain

人参は皮をむき、2ミリの半月切りに、ピーマンは、縦半分に切り、種を取り、5ミリほどの厚さにカットします。

水菜は3センチ幅にカットします。

もやしは洗っておきましょう。

ここで材料を見て、『やはり焼きそばを作ってる』と初心を思いだします。

 

③炒める

材料が切れて、パスタも茹で上がったら、炒めていきます。

フライパンにサラダ油を入れて、強火で熱します。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161102114936j:plain

十分熱せれたら、豚小間肉を入れて、ほぐしながら炒めていきます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161102114942j:plain

豚肉に火が入ったら、人参を入れて、よく炒めます。

ここで完全にニンジンに火を入れましょう。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161102114950j:plain

ニンジンに火が入ったら、もやし、ピーマンを入れて、ピーマンがしんなりするまで炒めましょう!

 

④仕上げる

ここでおそらく、『私はパスタを作っているのか?焼きそばを作っているのか?』頭が混乱してくると思います。

ここは自分に言い聞かせましょう!

パスタで焼きそばを作ってる!』と。

野菜が炒まったら、パスタを投入します!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161102115451j:plain

パスタを全体になじませたら、和風だし、水菜を入れて、ウスターソース、焼肉のたれ、水を小さじ1ほど入れて、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161102115457j:plain

混ぜながら炒めていきます!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161102115504j:plain

そしたら『私、焼きそば作っていたんだ』と確信が持てる状態になります。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161102103526j:plain 

そしたら、カツオブシや、海苔、紅ショウガがあれば飾りましょう。

 

【焼きそば】をパスタで作るポイントは??

標準時間茹でる!です。

もちもちした食感を出したいので、標準時間茹でましょう!

それに

『アルデンテの焼きそば』なんて聞いた事ないですもんね(笑)

あえてアルデンテにしてみてもいいかもしれませんが(笑)

 

炒める時、できる限り水分を少なめで炒める!

水分を入れるとべちゃべちゃになったり、ソースがあまり絡みません。

茹で汁を入れたり、乳化させたり、難しいことは言いません(笑)

炒めればいいんです。

馴染ませるために少し水分は必要ですが、基本は炒めましょう。

 

食べてみましょう

それでは恒例の実食! 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228093759j:plain
 

もちもちして、歯ごたえがいい!めちゃうまい!

でした(笑)

 

いかがでしたか?

今回、焼きそばなのに、なぜ、キャベツがないか気になった方もいると思います。

ひとこと言わせてください。『キャベツ高すぎ』(笑)

なので今回はキャベツがないのです。。。早く安くなってくれ。。(笑)

レシピに載せてませんが、キャベツ使ってくださいね!

 

それはさておき、これから焼きそばを作る時、買いに行くのがめんどくさいって時は『パスタで焼きそば』作りましょう!

そして、味も中華麺以上の仕上がりになりオススメです!!

是非試してみてください!

 

 現在読者募集中です!

↑↑↑よろしければポチッとお願いします!

 

👍おすすめ記事はこちら

www.gakkyludique.com

www.gakkyludique.com 

www.gakkyludique.com 

www.gakkyludique.com

  

📖よく読まれているレシピはこちら

⭐️おすすめ記事一覧

最後まで読んでいただきありがとうございました!

おなかすいた〜


当サイト(シェフガッキーの料理ブログ)はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 このプログラムにより第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、サイトの訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したりこれを認識したりする場合があります。
■プライバシーポリシーはこちら■