Ludique blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シェフガッキーの料理ブログ!

フレンチシェフガッキーによる料理ブログ!手の込んだ料理から簡単な料理を日々作って更新してます。



◆フランス語のLudique(遊び心)を食卓に!それをモットーにした料理、時々雑記ブログです!◆

失敗しない!おいしい『カルボナーラ』の作り方!プロのレシピを紹介します。


スポンサードリンク

濃厚、コクのあるカルボナーラ

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228093759j:plain

どうもガッキーです

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160906165631p:plain

皆さん、カルボナーラ好きですか?

パスタの中でも不動の人気を誇る『カルボナーラ

おしゃれで美味しいし、家でも作りたいんだけど、なんか難しそうなイメージ。 

そんなカルボナーラを今回は、失敗しないコツを解説し、家でも美味しいカルボナーラを作れるようにするためのレシピを紹介します。 

でもその前に、『カルボナーラ』ってそもそもどんなパスタか知ってますか??

 

カルボナーラとは?

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161230212412j:plain

語源は、イタリア語のcarbonai(炭焼き職人風)からきています。

炭焼き職人とは薪から木炭を作る職人です。

諸説ありますが、この炭焼き職人が、

『仕事の合間に作ったパスタには、手に付いた炭の粉が落ちてこんな感じのパスタになるだろう』と炭をイメージして、ブラックペッパーをかけて作ってみたパスタだと言われています。

  

イタリアでは生クリームを入れない!?

そうなんです!本場のイタリアでは生クリームを使いません。

卵、チーズを入れて作ります。

ではなぜ日本のカルボナーラは生クリームを使うのか?

これは、イタリアからアメリカに伝わった時に、卵だけだと固まって失敗しやすいので、生クリームを入れ失敗しにくいというアレンジがされました。

そのアレンジが日本にそのまま伝わったからです。

そしてこの生クリームが入ったカルボナーラは日本人にものすごくマッチしました。

やっぱり濃厚なコクが日本人にうけたのではないでしょうか? 

  

ようは生クリームを使った方が失敗しにくく、濃厚なカルボナーラになるってことです!僕は日本風のカルボナーラが好きなので、今回紹介するカルボナーラも生クリームを使用してます。

それでは早速作り方に行きます!

 

失敗しない!おいしい『カルボナーラ』の作り方

卵は全卵よりも卵黄で作りましょう!卵黄で作った方が作りやすいです。卵白は卵黄より火が入りやすいのでダマになったり失敗の原因になります。

 

材料

材料(2人前)

スパゲティ 160〜200グラム

生クリーム 50cc

卵黄  1個

ナチュラルチーズ 1つかみ(50グラム)

ベーコン  50グラム

ニンニク 1かけら

塩、ブラックペッパー 少々

※カルボナーラのコショウは、炭をイメージしているのでブラックペッパーを使いましょう。 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228093851j:plain 

カルボナーラを作る時は太めのパスタの方がソースがよく絡みます!

ガッキーの愛用しているバリラのスパゲティは小麦粉の味がしっかりしていてソースによく絡むのでおすすめです!美味しくて歯ごたえが全然違います!

作り方

下準備〜パスタを茹でる用のお湯は先に沸かしておきましょう。

茹でるお湯には必ず塩をするようにしましょう!塩の分量は1%の塩分濃度(水1リットルなら10グラムの塩)を入れましょう。

計るのめんどくさいよ!って方はスープや味噌汁と同じ濃さを目安に塩を入れてください。

茹で汁の塩加減で8割の味付けが決まります。

 

①材料をカットする

ベーコンの旨みを最大限に引き出すために今回は千切りにします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228093918j:plain

ニンニクはみじん切りにします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228094002j:plain

ニンニクはこのように↓包丁で潰すと香りが引き立ちます。

潰してからみじん切りにしましょう。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228101351j:plain

 

②カルボナーラの具材を炒め、ソースを作る。

フライパンにオリーブオイル、ベーコンを入れます。

そしたら弱火で火をつけてゆっくりベーコンを炒めていきます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228093929j:plain

しばらくすると、ベーコンのいい香りがしてきますが、『カリカリベーコン』をつくるイメージで、さらに炒めていきます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228094011j:plain

ベーコンを千切りにし、カリカリになるまで炒めることで、オリーブオイルにベーコンの香りを移し、さらにベーコンの旨みを凝縮させます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228094024j:plain

カリカリになったら、ニンニクを入れ、キツネ色になるまで炒めます。

普段パスタを作る時は、最初にニンニクを入れますが、ベーコンより先に入れてしまうと焦げてしまいます。

カルボナーラの時はニンニクは後入れ』にしましょう!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228094037j:plain

ニンニクがキツネ色になったら、お玉2杯分の茹で汁を入れて2〜3分ほど弱火で煮ます。

ここで水分にベーコンの香りが移ります。

 

③パスタを茹でて仕上げる

しっかり沸騰しているところに、パスタを入れて茹でていきます。

茹で時間はパッケージの裏に書かれている標準の茹で時間から2分少なめに設定します。

最後フライパンで仕上げる時間も茹で時間と考えましょう!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228094107j:plain

パスタを茹でてる間に、ボールに生クリーム、チーズ、卵黄を一緒にしておきます。

この準備を怠ると、この後手早く仕上げないといけないところで慌ててしまい、卵が固まる等、失敗の原因になってしまいます。

手早く仕上げるために準備しておきましょう。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228094058j:plain

パスタが茹で上がったら、フライパンにパスタを入れて、強火にします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228094125j:plain

しっかりベーコンの旨みが出ているスープをパスタに吸収させます。

ここで一度味見をして、塩、ブラックペッパーで味を整えます。

この後生クリームを入れるので、やや濃いかな?くらいの味付けにします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228094139j:plain

沸騰させて、水分が半分くらいになったら、火を極力弱火にし、先ほど準備した生クリーム、卵黄、チーズを入れて一気に混ぜます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228094204j:plain

混ざり切って少しとろみがついてきたら、最後味見をし、薄ければ塩で味を整えます。ここを手早く混ぜないと卵に火が入って固まってしまいます。

手早くできないよ!って方は火を完全に止めて混ぜましょう!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228094220j:plain

あとはトングでねじりながら、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228094231j:plain

高く高く盛り付けて、炭をイメージした粗めのブラックペッパー、粉チーズをかけて

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228094244j:plain

完成です!!! 

 

失敗しない!おいしい『カルボナーラ』のポイント! 

  • カリカリベーコンを作る

ベーコンからは最大限香りをオイルに移し、旨みを凝縮させましょう。

  • ニンニクはあとから入れる

ベーコンと同じタイミングで入れるとニンニクが焦げてしまうので後から入れましょう!

  • スパゲティは太めの物を選ぶ

濃厚なパスタソースなのでよく絡むように太めのスパゲティを使いましょう!

  • 仕上げは手早くできるようにする

卵黄、生クリームを入れてから、沸騰させすぎたり、時間をかけてしまうとダマが出来たりソースが固まって失敗してしまいます。

手早く仕上げれるように卵黄、チーズ、生クリームを同じボールに入れて準備しておきましょう!

 

 

食べてみましょう

それでは恒例の実食! 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228093759j:plain
 

濃厚!!コクがあっていい香り!パスタにソースが絡んでめちゃうまい!

でした(笑)

 

いかがでしたか?

今回はベーコンとナチュラルチーズを使いました。

もし、より本格的な味にしたいときは、ベーコンの代わりにパンチェッタを、チーズもパルメザンチーズを使いましょう!

仕上げの際、準備をしっかりして手早く仕上げれば失敗せず、濃厚な『カルボナーラ』を作ることができます。

皆さん、是非作ってみてください!

 

ただ今読者募集中です

↓↓↓↓

↑↑↑↑

よければポチっとお願いします。

 

👍オススメ記事

www.gakkyludique.com

www.gakkyludique.com

www.gakkyludique.com

www.gakkyludique.com

 

🌟よく読まれているレシピ

 

オススメ人気カテゴリー

最後まで読んでいただきありがとうございました!

おなかすいた〜


当サイト(シェフガッキーの料理ブログ)はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 このプログラムにより第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、サイトの訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したりこれを認識したりする場合があります。
■プライバシーポリシーはこちら■