Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

フレンチシェフガッキーによる料理ブログ!フランス語のLudique(遊び心)を食卓に!楽しく料理をお伝えする【ダジャレシピ】と時々【ガッキーの雑記】ブログです。

クリスマス・忘年会・新年会は本格フレンチで

出張料理の詳細はこちら
↑↑自宅でガッキーの料理が楽しめる!↑↑

プロの最高においしい『冷製トマトパスタ』の作り方


スポンサードリンク

冷製パスタ カッペリーニ 冷製トマトパスタ

夏といえば『冷製パスタ』

 

どうもガッキーです

Gakky Ludique(@naoya83)

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160906165631p:plain

 暑くなってきましたね。

夏になると食欲がなくなり、どうしてもささっと食べれる料理になりがちですよね。

そうめんとか。

でもでも毎回そうめんじゃ芸がないですよね。

麺は麺なんですが、そんな時にぴったりなパスタを紹介したいと思います。

 

今回満を持して紹介するトマト好きガッキーのレシピは『冷製トマトパスタ』です。

 

暑くても、美味しすぎて100グラムなんてぺろっと食べれちゃいます。 

それでは早速作っていきましょう!

 

最高においしい『冷製トマトパスタ』の作り方

 

材料(2人前)

トマト  2個

ケチャップ  大さじ1

ニンニク  1かけら

玉ねぎ   1/4玉(今回はエシャロットを使ってます) 

バジル  6枚

カッペリーニ  180〜200グラム

オリーブオイル   大さじ2

塩、コショウ  少々

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170605160441j:plain

 

作り方

パスタを茹でる用のお湯は先に沸かしておきましょう!

パスタの塩は必ず入れましょう!

水の量に対して1%(3リットルなら30グラムの塩)の塩を入れます。

もし計るのめんどくさいって方は、スープとして飲める濃さにしてください。

茹で汁の味が8割そのパスタの味になります。

 

①冷製トマトソースを作る

ボールにオリーブオイル、ニンニクを手のひらで潰して入れます。

みじん切りだとニンニクの香りが強くですぎてしまうので、潰してほのかに香りをオイルに移しましょう。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170605160449j:plain

トマトは細かめの角切りします。

玉ねぎはみじん切りにして水に5分ほどさらします。 

バジル3枚ほどをちぎってすべてボールに入れましょう。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170606101732j:plain

そこにケチャップ、塩(目安4グラム〜6グラム)、黒コショウを少々し、しっかり混ぜます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170605160455j:plain

ソースは先に作り、この状態で最低でも15分〜30分冷蔵庫で休ませましょう。

 

②カッペリーニを茹でる

鍋に多めのお湯を沸かし、カッペリーニを茹でます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170605160518j:plain

普段、温かいパスタの時はパッケージの標準茹で時間よりも2分早くあげますが、それは仕上げている時間や余熱も茹で時間としているからです。

冷製パスタは、仕上げの熱や余熱が一切ありません。

なのでパッケージに表記されている茹で時間通りに茹でましょう!

早くあげすぎると硬く感じてしまうのでここは注意が必要です。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170605160520j:plain

茹で上がったら、氷水でしっかり締めます。

 

③トマトソースと絡めて仕上げる

絡める前にニンニクは取り除いておきましょう。

水気をしっかり切って(水気が残っているとソースが薄まります)

ソースにしっかりからめたら、味見をし、塩、コショウで味を調えます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170605160525j:plain

あとは盛り付けて完成です!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170605160541j:plain

残っていたバジルをちぎって仕上げに飾ります。

 

 

最高においしい『冷製トマトパスタ』のポイント 

  •  標準時間茹でる

です。

先ほども説明いたしましたが、冷製パスタは余熱などがないので、早めにあげると硬く感じてしまいます。

しっかりと標準時間茹でましょう。

 

そしてもう一つポイントがあります。

  • ソースは先に作って少し放置しておくこと!

です。

塩をしたことにより、トマトや玉ねぎから水分が出てきます。

その野菜から出た水分もすべてソースにしましょう!

そしてさらに、しばらくおくことでソース全体が馴染みバランスの取れた味になります。

ソースは先に作って置いておきましょう!

 

食べてみましょう

それでは恒例の実食!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20161228093759j:plain
 

グワァーーーーー!うますぎる!うますぎる!さっぱりといい酸味がして最高!

でした(笑)

 

さらさらっと食べれてしまいます。

冷製パスタを食べ過ぎてないか冷静になって考えないとね!』

(笑)

 

いかがでしたか?

パスタはアルデンテで茹で時間より早めにあげると思いがちです。

しかし、冷製パスタだと実は標準時間通り茹でた方がいいのです。

これからの季節ぴったりな『冷製トマトソースパスタ』ぜひ作ってみてください。

 

 

今回使用したパスタはバリラのカッペリーニを使っています。

小麦の味がしっかりしていてガッキーのオススメです。 

ただ今読者募集中です。

↓↓↓↓

↑↑↑↑

よければポチっとお願いします。

 

👍オススメトマトレシピはこちらです。

www.gakkyludique.com

 

 

☆お知らせコーナー
👍おすすめ厳選記事はこちら
🍴人気のレシピはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました!

おなかすいた〜


当サイト(シェフガッキーの料理ブログ)はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 このプログラムにより第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、サイトの訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したりこれを認識したりする場合があります。
■プライバシーポリシーはこちら■