Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

自宅がレストランに大変身!

本格フレンチをもっと身近に!

スポンサードリンク

オムレツより簡単?!プロが教える「オープンオムレツ」の作り方−ホームパーティー・おもてなし料理にも!


スポンサードリンク

「普通のオムレツは難しい!と思ったことのある方にも。」 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160706210114j:plain

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180518142102j:plain
 

出張料理人・缶詰料理王のガッキーです。

 

>>>出張料理とは?詳細はこちら

 

 

 

「オープンオムレツ」は「オムレツ」より簡単!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20190309002140j:plain

オムレツってきっと、ちょっと難しいイメージがありますよね。

フライパンでひっくり返したり、半熟にしたり。

うまく包み込むって結構技術が必要です。

 

またどこかで、オムレツの作り方もブログで紹介したいと思います。

 

しかし、オープンオムレツは普通のオムレツより簡単にできます。

平たく言うと「卵焼き」だからです!

 

特に難しい技術はいりません!

いるのはテフロン加工されたフライパンだけ。

これさえあれば出来ちゃいます!

 

 

が、ガッキー家実家。

この撮影をした当初、卵焼き用のフライパンのテフロン加工が剥がれていて、若干くっつきました。

しかし、なんとか強引に仕上げました。

テフロン加工であれば、もっとキレイにできると思います!

 

「オープンオムレツ」と「スパニッシュオムレツ」の違い

調べてみると、じゃがいもが入るかどうかの違いみたいです。

本当かな?

じゃがいもが入っているのがスパニッシュオムレツ、入ってないとオープンオムレツ、らしいです!

 

ではでは、作り方にいきたいと思います!

 

 オムレツより簡単!プロが作る「オープンオムレツ」のレシピ

材料(2〜3人前)

卵 5個

アボカド 1/2個

ベーコン  50グラム

玉ねぎ 1/2個

赤パプリカ 1/2個

パセリ  少々

塩  4グラム

コショウ 少々

 

ケチャップ 大さじ2

オリーブオイル 大さじ2

ミニトマト  2個

粒マスタード 大さじ1

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160706210157j:plain

オープンオムレツの作り方

具材は先に炒めます。

 

①材料を切る・卵を割る

 ベーコン、玉ねぎ、赤パプリカ、アボカドは小さめの角切りにする。

パセリはみじん切りにします。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160706210238j:plain

卵は割って、塩・コショウをして、混ぜておきましょう。

 

②炒めていく

フライパンに、オリーブオイルをいれて、ベーコン、玉ねぎ、赤パプリカを炒めていきます。 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160706210321j:plain

かるく下味をして、玉ねぎ、パプリカに火をいれましょう!

食感を残したり、完全に火を入れて柔らかくもできるので、お好みで炒め時間を変えても大丈夫です。

 

③オープンに焼いていく

卵焼き用のフライパンを強火で熱して、オリーブオイルをいれます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160706210403j:plain

 普通に丸いフライパンで焼いてもいいのですが、今回は四角に焼きたかったので、これで焼きました!

丸い方が簡単かも?

 

少しフライパンから煙が出てきたら、

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160706210455j:plain

 卵、②で炒めた具材、アボカド、パセリを入れます。

そうしたら箸で、周りから混ぜ込むように焼いていきます。

 

スクランブルエッグを作るようなイメージです。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160706210532j:plain

半熟くらいになったら、焼いてるフライパンにバットをかぶせ、くるっとひっくり返します。

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160706210619j:plain

テフロン加工がしっかりあれば、こうはなりません(笑)

やはり、くっつきました。

フライ返しを使って強引にやりました。

 

これで弱火にして、中が焼けるまでしっかり焼きます。

真ん中に箸か竹串を刺して、液体が溢れてこなければOK!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160706210720j:plain

くっつきましたが、裏はうまく焼けたと思います。

焼けたら、冷蔵庫で冷やします!

 

④ソースを作る

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160706211228j:plain

 ミニトマトは8等分にして、ケチャップ、オリーブオイル、粒マスタードをいれて混ぜるだけです!

オムレツが冷えたらカットして、ソースをかけて完成!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20160706210114j:plain

 

 

オムレツより簡単!「オープンオムレツ」のポイント

具材は先に火をいれましょう!

 

フレッシュで食べたほうがいいものは別ですが、(今回はアボカド)基本的に具材は火をいれましょう。

炒めることにより、甘みがましたり、味が凝縮して、美味しくなります!

 

あとは、卵と一緒に焼いたら具材に火が入らないからという理由があります。

炒めるときの注意点として、水分が出る具材もあります。

そのときはしっかり炒めて、水分を飛ばしてから使ってください。

 

そして、お好みのいろんな具材をいれて作ってみて下さい!

 

卵料理は本当にテフロン加工がおすすめです!

ガッキーはティファールを愛用してます。

 

 

  

食べてみましょう! 

それでは実食!

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180518142102j:plain
 

しっかり炒めた野菜の甘さと卵のマイルドなバランスが美味しい!彩りがいいのも、目で楽しめるからいいね。

 

 

「オープンオムレツ」はホームパーティーのメニューにも◎

ひっくり返すところは少し集中しないといけませんが、半熟で包み込むなどの難しい技術は一切いりません! 

一口サイズにカットして、おもてなし料理としてホームパーティーで出すのもいいですね!

 

▼ホームパーティーにオススメのレシピはこちら

  

誕生日会・記念日お祝いなど、自宅にシェフがくる「出張料理」

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20190309011148j:plain

(画像:「メ〜テレ」さんに取材していただきました!)

 

私ガッキー、普段は出張料理人としてお仕事をさせていただいております。

 

「子どもの誕生日祝い、お店で周りに気をつかうより自宅でのんびりしたい!」

「還暦のお母さんを、自宅で家族と気兼ねなくにぎやかにお祝いしたい!」

「会社の忘年会、場所はあるから好きなお酒持ち込んで気楽にしたい!」

 

など、自分たちで作るのではなく、食卓の輪の中でバタバタせずに料理とお話を楽しみたい!という様々なシーンでご依頼をいただいております。

「こんなサービスがあるんだ!」とご覧いただけますと嬉しく思います。

 

 

▼「自宅がレストランに早変わり!」シェフガッキーの出張料理サービス詳細

 

 

ただ今読者募集中です。

よければポチっとお願いします。

  

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!


スポンサードリンク