Ludique blog

シェフガッキーの料理ブログ!

\自宅がレストランに大変身?!/

出張料理の詳細はこちら
本格フレンチをもっと身近に!

【絶品パスタレシピ】モロヘイヤと干しエビのトマトソースパスタの作り方


スポンサードリンク

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180910153617p:plain

モロヘイヤを洋食に活かそう!

 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180518142102j:plain
 

出張料理人のガッキーです。

 

>>>出張料理とは?詳細はこちら

 

ひさびさの更新になってしまい申し訳ございません。

おかげさまで出張料理のお仕事をたくさんいただいており、なかなかブログに集中する時間を作ることができてませんでした。

ですが、少しずつ更新できればなと思っております。

 

今回は、ぼくの大好きな野菜のトマトと、もうひとつ好きな野菜モロヘイヤを使ったパスタを紹介させていただきます。

モロヘイヤのとろみが、熱々の状態を保ってくれます。

そしてトマトとモロヘイヤの組み合わせは非常においしいです。

 

それでは早速作っていきましょう。

 

シェフ直伝!『モロヘイヤと干しエビのトマトソースパスタ』の作り方

 材料(2人前)

スパゲティ   160〜200グラム

干しエビ      10グラム

にんにく  1かけら

モロヘイヤ  1束

オリーブオイル  少々

トマトカット缶  1缶

塩、コショウ    少々

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180910001835j:plain

ガッキーはバリラのパスタが好きでよく使うので、おすすめです!

歯ごたえと風味が違います!

保存がきくので、我が家は多めにストックしています。

 

乾麺のオススメはバリラですが、生パスタも相性もおいしいです。

 

「手打ちでパスタ作りたい」

「手打ちの生パスタでこのパスタを作りたい」方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。 

▼合わせて読みたい生パスタのレシピ

www.gakkyludique.com

 

 

作り方

パスタを茹でる用のお湯は先に沸かしておきましょう!

パスタの塩は必ず入れましょう!

 

水の量に対して1%(3リットルなら30グラムの塩)の塩を入れます。

もし計るのめんどくさいという方は、スープとして飲める濃さにしてください。

茹で汁の味が8割そのパスタの味になります。

↑パスタ記事にはおそらく毎回書かせていただいていますが、それほど重要なのです。

塩入れなくてもいいでしょ!と思わず、ここで味が決まると思っていただきたいです! 

 

①材料をカットする

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180910001822j:plain

にんにくはみじん切りにカットします。

モロヘイヤは葉の部分と軸の部分を分けます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180910001825j:plain

軸の部分は細かく切ります。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180910001840j:plain

葉の部分は3センチほどの幅にカットします。

 

②ソースを作る

フライパンにオリーブオイル、ニンニク、干しエビを入れ弱火で熱します。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180910001801j:plain

(干しエビがオリーブオイルを吸うのでやや多めに入れましょう)

ニンニク、干しエビからいい香りがしてきたら、モロヘイヤの軸をいれて弱火でさらに炒めます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180910001810j:plain

軸の色が変わってきたら、トマト缶、茹で汁をお玉2杯いれて沸騰させます。 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180910001832j:plain

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180910001846j:plain

沸騰したら弱火にします。

 

 

③パスタを茹でる

ソースを作りながら並行してパスタを茹でていきます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180910001759j:plain

パスタは、パッケージの裏に表記してある茹で時間から2分少ない時間で茹でましょう!

フライパンで仕上げる時間も茹で時間と考え、その分を引き算しておきます。

 

③パスタを仕上げる

茹で上がったら、フライパンにいれてしっかりからめていきます。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180910001807j:plain

塩、コショウで味付けをし、モロヘイヤの葉をいれて混ぜます。 

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180910001819j:plain

味見をし、薄ければ塩、コショウで調整します。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180910153617p:plain 

盛り付けて完成です。

少しモロヘイヤの葉を残しておいて上から飾ると

『モロヘイヤだともろ!わかり』、とってもいい感じです。

 

愛知県の瀬戸のお祭りで買ったお皿に盛り付けました!

 

 

 

モロヘイヤと干しエビのトマトソースパスタのポイント 

モロヘイヤの軸は細かく切る!

です。

 

モロヘイヤの軸は硬かったり、繊維がしっかりしているので細かく切り、炒めてソースにしてしまいましょう。

繊維も多く、捨てるのは勿体ないので使いましょう。

 

  

そして乾麺もオススメですが、生パスタとの相性も抜群です。

自宅で生パスタを作ってみたいという方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。 

www.gakkyludique.com

 

 

 

食べてみましょう

それでは恒例の実食!

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20180518142102j:plain
 

干しエビの香りが香ばしく、モロヘイヤのとろみからくる喉越しが心地よくてうまい!

 

でした(笑)

 

いかがでしたか?

意外な組み合わせですが、とてもおいしくておすすめです。

ちなみにモロヘイヤはオリーブオイルでソテーしてもおいしいですよ!

ぜひ『モロヘイヤと干しエビのトマトソースパスタ』作ってみてください。

 

 

 

 

▼合わせて読みたいパスタレシピ 

 

そして、パスタの基本はペペロンチーノです。

ペペロンチーノの作り方を理解したら、パスタのアレンジがかなり楽しく、より美味しくできると思います。

オイルを乳化させることや、ポイントをしっかり解説していますのでぜひ「本当に美味しいペペロンチーノ」作ってみてくださいね。

f:id:maido-doumo-naoyadesu:20170627141448p:plain

 
▼合わせて読みたいパスタレシピ

 

その他パスタはいろいろなバリエーションがあります!

ガッキーも修行時代からバイブルとして愛読している一冊です。

ぜひご覧ください!

 

この他にも料理本は200冊以上読んできたので、下記の記事でオススメの料理本をご紹介しています!

「料理が上手くなりたい!」

「料理をもっと極めたい!」

「知識だけでもあると面白そう。」

「料理人がどんな本読んでるか気になる。」

という方、ぜひご覧ください!

www.gakkyludique.com

 

ただ今読者募集中です!

よければポチっとお願いします。

 

【月間2万人以上】にご覧いただいているペペロンチーノレシピ

www.gakkyludique.com

 

▼定番カルボナーラも、このレシピでグッと美味しくなる!

www.gakkyludique.com

 

👍おすすめ厳選記事はこちら
🍴人気のレシピはこちら

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 


スポンサードリンク